グリーンパプリカの特徴・旬の時期は?|同じ緑でもピーマンより大きく肉厚なパプリカ

この野菜、なんの仲間だと思いますか?大きなピーマンにも見えるこちらの野菜は、「グリーンパプリカ」というパプリカの種類なのです。

パプリカといえば赤やオレンジ色のカラフルなイメージですが、これはその色がつく前の段階のパプリカです。とても大きいですよね!

私の家の近くにはオーソドックスな赤色のパプリカしか置いていないので、なかなか手に入らないのですが、パプリカ同様肉厚な食べ応えのある品種なのです。

今回は、緑色のパプリカ「グリーンパプリカ」の特徴と旬の時期についてご紹介します。

スポンサードリンク

グリーンパプリカってどんなパプリカ?

読み方 ぐりーんぱぷりか
旬の時期 1年中
主な生産地 全国各地
種類 グリーンパプリカ

特徴

グリーンパプリカは、通常のパプリカと同様に丸くどっしりとした形のパプリカです。1個150gほどと重く、元々の原産はオランダや韓国、そしてニュージーランドなどです。

このグリーンパプリカは、成長過程で言うと初期にあたります。りんごの実と同じように、パプリカも最初は緑色、そして熟していくにつれ赤色へと変化していきます。

早い時期に収穫したものをグリーンパプリカと呼び、収穫せず待っていると黄色へと変色していきます。その後オレンジ色→赤色へと完熟していくのです。

見た目はピーマンにも似ていますが、ピーマンほどの苦味や青臭さはなくパプリカの味をしていますが、完熟するにつれ徐々に甘みが増していくので、赤やオレンジ色のパプリカよりは甘みが少ないです。また、肉厚なので食べ応えもばっちりです。

グリーンパプリカは、その名の通り「グリーンパプリカ」という仲間に分類されます。これ以外には、ミニパプリカやフルーツパプリカといった分類があります。

スポンサードリンク

旬の時期と主な生産地

旬の時期はいつ?

グリーンパプリカの旬の時期は、1年中となっています。通常ピーマンやパプリカの旬は6月〜8月の夏の期間ですが、ビニールハウスの普及や作りやすいということから1年を通して栽培・生産が可能な品種です。

主な生産地はどこ?

パプリカは基本的に全国的に栽培可能な野菜ですので、どこでも育てることができます。家庭菜園として育てている方も多く、ホームセンターやネットではグリーンパプリカの種や苗が販売されています。

スポンサードリンク

価格相場ってどのくらい?


そんなグリーンパプリカですが、その価格相場について見ていきたいと思います。スーパーで購入する場合とネット通販でお取り寄せする場合、それぞれの価格を調べてみました。

スーパーだと  

生産地近くのスーペーや直売所では手に入れやすく、1個148円で販売されていました。1個がとても大きいので妥当な価格かと思います。近場では売っていないという方には、ネットでの購入もオススメですよ。

ネット通販だと

最近は野菜もネット通販でお取り寄せできる時代になりましたが、グリーンパプリカをお取り寄せ商品として販売しているサイトを見つけることはできませんでした

フリマサイトのメルカリでも野菜を販売する方が増えていて、そちらにはグリーンパプリカの出品がありました!家庭菜園で作った色々な野菜のセットを1,000円で販売されており、その中にグリーンパプリカも入っていました。

一度食べてみたいけれど近場には売っていない!という方は、メルカリをチェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

おすすめの食べ方

では、グリーンパプリカはどんな料理にアレンジできるのでしょうか?グリーンパプリカを使ったおすすめのレシピを3種類ご紹介します。

丸ごとピーマン炒め


引用:やまでらくみこのレシピ

グリーンパプリカの栄養を余すことなく使ったレシピ、丸ごと炒めです。こちらはわたに加えてヘタも一緒に調理してしまいます。

一切カットせず丸ごと調理したグリーンパプリカは、迫力もあって食べ応えのある仕上がります。じっくり火を通すので中にも熱が入っていますよ。

最後に鰹節をふれば風味豊かでごはんがすすむ料理の完成です。ボリュームのあるのでダイエット中のメイン料理としてもおすすめしたい一品です。
 
スポンサードリンク

ナポリタン

昔懐かしい味わいのナポリタンは、細く切ったピーマンを入れるのが定番ですが、グリーンパプリカでも良く合います。ケチャップの甘みとグリーンパプリカの苦味の組み合わせが、昭和の喫茶店を思い出すような味わいを作ります。

玉ねぎやソーセージなど、その時冷蔵庫にある野菜で簡単に作れるのも魅力ですね。赤いパスタに緑色のパプリカが映える懐かしのパスタです。

昆布和え


引用:みんなのきょうのレシピ

昆布和えは、昆布の塩気でほとんど味付けいらずのお手軽メニューです。普段白ご飯に入れている塩昆布を、千切りにして軽く炒めたグリーンパプリカと和えるだけで、あっという間に副菜ができてしまいます。こちらも白いご飯がすすむ食欲増進メニューです。暑い夏にもおすすめですよ。

まとめ

大きくて緑色をしたパプリカ「グリーンパプリカ」についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?オススメポイントは、肉厚でしっかりとし噛みごたえがあるところです。

ピーマンとよく似ていますが、味も異なるので是非ご家庭でその味を試してみてくださいね。家庭菜園としても育てることができ、収穫せずに置いておけば赤やオレンジ色のパプリカになるので色々楽しむことができますよ。

スポンサードリンク