桶狭間の戦い|家紋で見る合戦シリーズvol.5

織田信長の存在を一気に知らしめた戦いといえば「桶狭間の戦い」。

当時、大変な勢力を持っていた今川家の当主・今川義元を、織田信長がわずかな兵で討ったことで有名な戦です。

この戦で今川義元を討った織田信長は、一気に戦国時代の表舞台に躍り出ることとなり、天下統一に向けて駆け抜けることになるのです。

●1分でわかる桶狭間の戦い

・戦国時代の名家「今川家」の今川義元が攻めて来た!

「駿河」という国の今川家は、この時代の戦国時代の中で「知らない者はいない」と言われるくらいの勢力でした。その今川家の当主・今川義元が、織田信長のいる清州城に向かって攻めて来たのです。

・当時は弱小の織田信長

当時の織田家は、まだまだ小さくて弱い国。そこに大国の今川家が攻めてくるというのは、織田家にとって絶体絶命のピンチでした。

・しかし、織田信長はあきらめなかった!

今川義元が攻めて来たことを知った織田家の家臣は、もちろん大慌て。その中で、信長はあきらめずに策を練り、織田家を勝利に導く奇策を実行するのです。

スポンサードリンク


桶狭間の戦い

今川義元の大軍が尾張に攻め込む弱小だった信長が大軍率いる義元軍を撃破

織田信長のところに攻め込んだ今川義元の軍勢は、25000。対する織田信長の軍勢は、2000という少なさでした。しかし、織田信長はわずか10分の1の数の兵で今川義元を破ったのです。

今川義元が織田信長を討ったニュースは日本を駆け巡り、各国の大名を驚嘆させました。この「桶狭間の戦い」が、織田信長の存在感を大いに高めることになったのです。

・織田木瓜

織田信長の家紋といえば「織田木瓜」。信長人気のためか、この織田木瓜は戦国時代に使用された家紋の中でも屈指の人気となっています。

・足利二つ引き

足利尊氏が使用していたことで有名な「足利二つ引き」ですが、実は今川義元も使用しています。ただ、「五七の桐」を使用していたとも言われ、定かではありません。
織田軍(戦力約2,000) 今川軍(約25,000人)
大将 織田信長について織田信長 「今川義元」の画像検索結果今川義元
家紋 odamoko織田木瓜 038足利二つ引き
家紋解説

優秀な兵2000をまとめる信長

今川義元は、戦国時代に駿河(今の静岡)・三河(今の愛知県)・遠江(今の静岡の一部)をもつ大名でした。当時の今川家と言えば、大変な勢力を持っている家として大変に有名で、誰もが恐れる存在だったのです。そんな今川義元が、織田信長のいる尾張(愛知県)に攻め込んできたから大変!家臣たちが「絶体絶命」と頭を抱える中、織田信長は兵を集めます。

弱小だった信長が大軍率いる義元軍を撃破

今川家に比べて、当時は「弱小」と言われてもおかしくなかった織田信長。その信長は、織田家を守るために少人数の家臣たちだけを率いて「熱田神宮」というところに向かいました。

そこに集まった兵の中から、信長は優秀な2000人だけを選抜を連れて出陣しました。その時の天候は雨。今川義元の軍は、雨を避けるために本陣で休憩をしていました。

偵察させた家臣からそれを知らされた信長は、今川義元の軍に奇襲をかけます。この作戦が成功し、信長は今川義元を討つことに成功しました。

今川義元撃破以降に力を見せつける信長

「桶狭間の戦い」に関しては近年になり新説も出ており、これまでの説とはまた違った攻め方で信長が勝利した、とも言われています。

が、どんな方法にせよ、まだまだ弱い立場だった信長が、この時代にトップクラスの勢力を持っていた今川義元を破ったことは、大きな快挙として日本中に知れ渡りました。

この時から織田信長は各国の大名から一目置かれる存在となり、天下統一に向けて駆け抜けていくのです。この「桶狭間の戦い」から、「本能寺の変」で亡くなるまで、織田信長の人生はどこかドラマめいた美しさがあり、それが「現在でも屈指の人気を誇る戦国大名」であることにつながっています。

信長亡き後、天下統一の夢は家臣の羽柴秀吉(豊臣秀吉)に引き継がれることになりますが、信長が作った天下がどんなものなのかを見てみたかったですね。

合わせて読みたい記事

1570年姉川の戦い
→信長・家康VS浅井長政・朝倉義景

1570年石山合戦
→信長VS石山本願寺(顕如)

1573年小谷城の戦い
→信長秀吉VS浅井長政

1575年長篠の戦い
→信長・家康VS武田勝頼

1578木津川口の戦い
→信長軍の九鬼艦隊VS 村上水軍

まとめ

 

他にもあるぞ!超人気家紋コンテンツ
「苗字から家紋」の画像検索結果 「10大家紋」の画像検索結果
「戦国武将家紋まとめ」の画像検索結果 関連画像