大根がくさい!大根のにおいを消す簡単な方法は?

「大根を使おうとしたら、くさくてびっくりしました…。なんでくさくなってしまったんでしょうか?においを消す方法があれば教えて欲しいです。」
大根がいきなりくさくなってしまったら「もう食べる気がしないな」とネガティブな気持ちになってしまいますよね…。

しかし、大根がくさいときの対処法はしっかりとあるので安心してください!

本記事では大根のにおいがくさい原因と、対処法を紹介していきます。これからの大根のにおい対策のためにも、ぜひ参考にしてもらえたら嬉しいです!

引用:おきやたべよ

スポンサードリンク

大根がくさい原因は?

では、まずは大根がくさい原因を紹介していきますね!大根のにおいの原因は、メチルメルカプタンという成分が関係しているんです。

これは大根の「辛い部分」を作っている成分で、硫黄化合物の一種になります。やはりにおいの原因になるはずですよね。

ちなみに、このメタルメルカプタンはにおいの原因になるという大きなデメリットもありますが、実は「がん予防」などの大きなメリットもある成分なんです!

くさいからと言って、あまり責めないであげてくださいね。

スポンサードリンク

大根がくさい場合の基本的なにおいの消し方

では、続いて大根のにおいの消し方について紹介をしていきますね。

具体的には「大根の皮を厚めにむく」という方法がおすすめですよ。

スポンサードリンク

大根の皮を厚めにむく

この方法を試せば「絶対に大根のにおいが消える」というわけではありませんが、しっかりと効果はあります。

実は、大根の匂いは大根の皮による影響も大きいので、この皮を厚めにむけば解決するケースが大半です。

皮を厚めにむくのはもったいないな」と感じてしまうかもしれんが、においを気にしながら調理したり、食べることを考えれば当然の判断だと言えます。

大根がくさいと感じたら、まずは大根の皮を厚めにむくことから試してみてくださいね。

スポンサードリンク

大根のにおいを消す5つの調理方法

では、ここからは大根のにおいを消す5つの調理方法を紹介していきますね。先ほどの「大根の皮を厚めにむく」ということを試しても、においが消えないケースもあります。

しかし、これから紹介する5つの方法を試せば、まず間違いなくにおいが消えるでしょう!

 1、大根サラダにして大根を水にさらす  まず1つ目のおすすめの調理方法が、大根サラダにする方法です。大根サラダにする前に、しっかりと大根を水にさらす作業を忘れないようにしましょう。

しっかりと水にさらせば、大半のにおいは飛んでいきます。

また、水水しい美味しくさっぱりとしたサラダになるのでおすすめですよ。

 2、炒める 醤油やゴマ油など香りが強い調味料で味付け  2つ目の方法はシンプルに大根を炒める方法です。ただ、炒める時に「ゴマ油」など、香りが強い調味料で味付けるすることを忘れないようにしましょう。

これがもし「塩コショウ」などで味付けしてしまった場合は、大根のくさみが残って美味しくない料理が出来上がってしまいます。

また、大根だけではなく「にんじんや白菜」など、他の野菜と一緒に炒めることもおすすめですよ。その際も、香りが強い調味料で炒めてくださいね。

 3、大根おろし  大根おろしもおすすめの調理方法になります。塩水などに漬けてから大根をおろすと、より匂いが気にならなくなりますよ。

大根おろしは朝ごはんなどにも使えるおすすめの調理方法ですので、くさい大根の使い道に迷ったらまずは大根おろしをためし

 4、煮物  まず1つ目のおすすめのレシピは煮物です。煮物でしたら、他の料理の水分も使うことになりますので、大根自体に水分がなくても美味しく食べることができます。

もし「大根だけで煮物を食べたい」という場合でしたら、これから紹介する2つの方法を試した方が良いかもしれません。

 5、漬物  2つ目におすすめの方法は漬物になります。漬物は長時間塩水などに漬けながら、もみほぐしつつ作っていく料理です。ですので、言い方はおかしいですが「水分を外部から足していく」という料理ですので、大根自体に水分がなくても特に問題はありません。

また、スの入った大根は少しだけ「苦みが強くなっている」状態ですので、大根以外の、例えばにんじんやピクルスなどの野菜と一緒に食べることがおすすめですよ。

スポンサードリンク

まとめ

大根がくさくなってしまった場合の対処法を紹介してきました。大根がくさくなってしまうのはしょうがないことですので、しっかりと美味しく食べられるレシピを試してくださいね!

スポンサードリンク