レンコンの皮は食べられる!皮ごと食べるメリットとデメリット、おすすめレシピまとめ

「れんこんの皮は食べられると聞いたけど、実際は美味しいのかな。れんこんの皮にあるデメリットとか、美味しいレシピがあれば教えて欲しいです
れんこんの皮は食べられますが、食べたことがない人だと「実際に食べても大丈夫なのかな」と不安になりますよね。

そこで本記事では、れんこんの皮に含まれている栄養素や、美味しいレシピを紹介していきます。皮を食べることでれんこんの良さを最大限生かすことができますので、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサードリンク

レンコンの皮は食べられる!

れんこんの皮はしっかりと食べられます。れんこんの皮には、身にはない栄養がたくさん詰まっているんです。

栄養が詰まっている

れんこんは、イメージ的に「皮よりも中身」の方が栄養素が詰まっている気がしませんか?確かに、中身にもしっかりとした栄養素が詰まっていますが、皮も負けないくらいたくさんの栄養素が詰まっているんです

皮にしかない栄養素もたくさん含まれているので、その栄養素を次で見ていきましょう!

スポンサードリンク

レンコンの皮に多く含まれる栄養

れんこんの皮には、下記の栄養素が含まれています。

  • ポリフェノール
  • ビタミンC

それぞれ順番に見ていきましょう!

ポリフェノール

れんこんの皮には、ポリフェノールがたくさん含まれています。まず、ポリフェノールとは、植物が光合成をおこなうときにできる栄養素の総称のことを表します。色の濃い植物とか、一部の野菜にふんだんに含まれているんですね。れんこんの皮にも、ポリフェノールが含まれているということです。

スポンサードリンク

ポリフェノールには、視力回復や血圧の低下、美肌効果やアレルギー改善など、体の疲れ回復に最適な効果がたくさん期待できます。ポリフェノールは、普段から意識して摂取しないと「どの野菜に含まれているのか」いまいち分からない人も多いですよね。

こういった人は、普段かられんこんの皮でポリフェノールの摂取を心掛けていきましょう!

ビタミンC

ビタミンCはご存じの人も多いと思いますが、体の疲労回復やコラーゲンを生成してくれます。飲み物でビタミンCを摂取することはあっても、野菜で摂取できるとは思わなかったのではないでしょうか。

スポンサードリンク

れんこんの皮には「体の疲れを取る効果」や「パワーをみなぎらしてくれる効果」がありますので、普段から意識的に摂取していきたいですね。

皮を向かないデメリット

では、れんこんの皮をむかないデメリットは何があるのでしょうか。

代表的な物は下記の通りです。

  • 味が染み込みにくい
  • 見栄えが悪くなる

それぞれ順番に見ていきましょう!

スポンサードリンク

味が染み込みにくい

れんこんの皮が味付けを防いでしまうため、全体的に味が染み込みにくいデメリットがあります。特に煮つけなどの料理を作るときは、全体的に味を染み込ませる必要がありますから、こういった場合は皮をむいて調理したほうが良いでしょう。

見栄えが悪くなる

2つ目のデメリットは、見栄えが悪くなるということです。家族の中だけで食べるのなら問題ないかもしれませんが、お客様を招いてれんこんを出すときは、皮は向いて出した方が喜ばれるかもしれませんね。

スポンサードリンク

皮ごと食べるための下処理方法

では、皮ごと食べるための下処理方法を紹介します。実際に調理するときをイメージして読み進めてくださいね。

土や泥をしっかり落とす

まずは、土や泥をしっかりと落としましょう。簡単な水洗いだけでは泥が落ちない可能性がありますので、結構な力が必要になるかもしれません。

スポンサードリンク

端を切り落とす

次に、れんこんの端を切り落としましょう。端を切り落とすことによって、次の工程である「アクを抜く」作業が捗るからです。

水か酢水でアクを抜く

端を切り落としたら、最後に水か酢でアクを抜いてください。アクを抜く作業を忘れてしまうと、臭いやぬめりがたくさん残ってしまいますので、必ずやっておきたい作業だと言えます。

スポンサードリンク

レンコンの皮を使ったおすすめレシピ

ここからは、れんこんの皮を使ったおすすめのレシピを紹介します。絶品レシピですので、ぜひ試してみてくださいね。

れんこんチップス

ちょっとしたおやつにおすすめのレンコンチップスは小さいお子様がいるご家庭などにおすすめです。れんこんの食感が楽しめるおやつ感覚な一品です。

  • レンコンは皮をむいてスライスする。
  • レンコンを酢水にしばらく漬けてアク抜きをする
  • 揚げ油を170度にしてレンコンを揚げる

    色づいたら塩を振って完成

レンコンチップスは薄く切る方がパリパリな食感を楽しめるのでおすすめです。ピーラーを使うと薄くスライスができます。

スポンサードリンク

味噌汁

レンコンの味噌汁もおすすめレシピの一つです。ご飯と一緒に味噌汁でレンコンを楽しんでみてはいかがでしょう。

  • レンコンは食べやすい大きさに切る
  • 鍋にサラダ油を熱してレンコンやしめじを炒める
  • 水に出汁を加えて炒めた具材を煮込む
  • 味噌を溶き入れて煮立たせないようにする

味噌汁は日本人にとっても人気の料理です。一手間加えて、レンコンを味噌汁で楽しんでみては。

まとめ

れんこんの皮に含まれる栄養素や、おすすめのレシピを紹介してきました。実は隠れた栄養成分を持っていますので、使えるときは有効活用していきたいですね。

味もとっても美味しいですので、ぜひれんこんの皮を食べてみてください。

スポンサードリンク

レンコンの人気記事をチェック

レンコンで人気のある記事を4つ紹介します。
是非チェックしてくださいね(^^♪
レンコン2種類11品種まとめ|美味しいのはもっちり系?シャキシャキ系? レンコン2種類11品種まとめ|美味しいのはもっちり系?シャキシャキ系? れんこんの主な栄養成分と期待できる9つの効果効能|ムチンが豊富 れんこんの保存方法まとめ|冷蔵・冷凍・常温での保存期間の目安はどのくらい? 簡単おいしい!レンコンのおススメレシピ10選