[歌舞伎]津の國屋の家紋「八角に子の字」を解説!代表的な主な名跡・役者まとめ

津の國屋の由来

初代嵐三右衛門が摂津の国の人だったことにその名は由来します。これまでに11代いる嵐三右衛門のうち、初代から六代目と八代目から十代目は「吉田屋」、七代目は「大黒屋」で、この「津の國屋」を使ったのは昭和55年 (1980) に死去した先代の三右衛門のみです。

 

津の國屋の主な名跡

嵐三右衛門(十一代目(称十代目)のみ。

 

十一代目 嵐三右衛門

1906年(明治39年)10月23日 – 1980年(昭和55年)7月17日。 本名は大川 實(おおかわ みのる)。

大阪生まれ。はじめ三代目中村梅玉門人で、明治45年(1912年)大阪浪花座で中村福萬壽を名乗って初舞台。昭和4年(1929年)、大阪中座『二人袴』の雛鶴で七代目中村駒之助を襲名。昭和23年(1948年)正月大阪中座復興杮落しの『雪女五枚羽子板』で大名跡・嵐三右衛門を襲名しました。三右衛門代々としては「十一代目」のはずなのだが、本人は一貫して「十代目」を称していました。

立派な風貌で人気を集めていたが、関西歌舞伎が衰退する中、昭和29年(1954年)宝塚新芸座に移籍、大衆演劇の世界に入る。ここでは座頭として活躍。桂春坊(二代目露の五郎兵衛)や笑福亭松之助ら若手落語家と舞台をともにしたこともあります。昭和33年(1958年)には宝塚映画に参加。その後歌舞伎の舞台に復帰しました。主に二代目中村鴈治郎の相方を勤め、『心中天網島・河庄』の太兵衛や『梶原平三誉石切』(石切梶原)の呑助などの脇役が好評でしたが、往年の精彩はありませんでした。

スポンサードリンク


津の國屋の家紋について


 

家紋:八角に子の字 読み方:はっかくにこのじ

スポンサードリンク

他にもあるぞ!超人気家紋コンテンツ
「苗字から家紋」の画像検索結果 「10大家紋」の画像検索結果
「戦国武将家紋まとめ」の画像検索結果 関連画像