レンコンを柔らかくする方法|下ごしらえや部位・産地で食感は変わる!

「レンコンを柔らかくする方法ってあるの?下ごしらえや産地で食感は変わるって聞いたけど本当?詳しく教えてください。」
レンコンを食べるなら美味しく食べたいと思いますし、「柔らかくしてから食べたい」という気持ちになるのも分かります。私はレンコンを柔らかくする方法を知ってから、レンコン料理をより楽しんで出来るようになりました。

そういった経験から、レンコンを柔らかくする方法について分かりましたので、本記事にて解説していきます。美味しくレンコンを食べるためにも、早速見ていきましょう!

引用:春夏秋凍

スポンサードリンク

レンコンを柔らかくする方法

レンコンはどのようにすれば柔らかくすることができるのでしょうか。レンコンのイメージはどちらかと言えば固いものですよね。ここではレンコンを柔らかくする方法をご紹介します。

下ごしらえが重要

レンコンを柔らかくするにはまず下ごしらえが大切です。しっかりと下ごしらえすることでより美味しく料理に使うことが出来ます。下ごしらえはレンコンに限らず料理の基本です。レンコンの下ごしらえ方法を紹介します。

スポンサードリンク

皮は固いので剥く

レンコンの皮は固く、そのまま食べることもできますが料理には皮をむいて調理するのが一般的です。皮を剥くと泥の汚れを取り除きやすくするメリットがあります。

柔らかく色の良い面を出して味をしみやすくします。人によっては皮がついたまま料理に使いますが、なるべく向いてから使いましょう。ピーラーなどを使えば簡単に皮が剥けるのでおすすめです。

水か酢水でしっかりアク抜きする

レンコンは料理に使うときにはアク抜きをするのが一般的です。アク抜きには水を使います。水にれんこんを浸します。アク抜きをすることでレンコン自体を柔らかくする事ができます。

スポンサードリンク

水だけでなくお酢を入れた水を使ったり、レモン汁でもアク抜きが可能です。お酢を使うと変色を防ぐことも出来るので、見た目を美しく見せたい時におすすめです。

小さく切る

小さく切る事もレンコンを柔らかくする方法の一つです。レンコンを小さくカットすることで食べやすくなりますし、その分味が染みやすくなります。

下ゆでをする

レンコンを厚めに切って調理をする際には下茹でをする事で柔らかくする事ができます。鍋にレンコンを入れて3分ほど茹でれば良いです。ポイントとしては使う水に少しお酢を加えることで、柔らかくすることができます。

スポンサードリンク

水の量も鍋にいっぱいになるように入れて、水から茹でるようにしましょう。下茹でする事で変色を抑える事もできます。シャキシャキの食感を損なわないためにも茹で過ぎない事も大切です。

煮る時間を長くする

レンコンを使った煮る料理といえば煮物が挙げられます。煮る時間を長くする事で味が染み込みやすくなります。必然的にレンコンも柔らかくなり、食べやすくなります。

レンコンは元々煮崩れしにくい野菜なので、煮物にする際には一緒に煮る野菜の事を考えて、煮る時間を決めましょう。

スポンサードリンク

柔らかいレンコンを選ぶ

柔らかいレンコンを食べたい時には、どうすれば良いでしょうか。下ごしらえも大切な柔らかくする要素ですが、柔らかいレンコンを選ぶ事も良いでしょう。

柔らかいレンコンの見分け方

柔らかいレンコンを見分ける方はふっくらと丸みがあるもの、皮に艶があるものを選びましょう。断面にある穴が揃っていて肉厚なものが柔らかく良質と言われています。

切り口が変色していたり、穴の内側が黒くなっているものは鮮度が落ちている可能性が高いです。レンコンは1本で販売している事が多いので、芽に近い一節を選ぶと良いでしょう。サイズ的にも小さく端の部分と覚えておくと実際に購入する時に便利ですよ。

スポンサードリンク

部位によっても固さが違う

レンコンは部位によっても固さが異なります。レンコンは芽に近いほど柔らかく、芽に遠いほど固く感じます。パックにされているレンコンを購入する時には見分けが付きにくいですが、一本ごとの販売の場合には柔らかいレンコンを見分けることが出来ます。

産地によっても食感が違う

レンコンは日本各地で生産されていますが、産地によって食感が大きく異なります。柔らかいレンコンとして人気なのが、在来種のレンコンです。細長く、色も茶色っぽく粘り気があります。

スポンサードリンク

肉質は柔らかく味が濃いのが特徴です。収穫量は多くないので、入手するのは難しいかもしれません。人気のレンコンの品種である大口レンコンは先端の部分が柔らかく火が通りやすいと言われています。

柔らかいので、さっと茹でるだけでサラダで楽しむことができます。様々な種類のあるレンコンは産地や品種によっても食感が異なるので、覚えておきましょう。

まとめ

レンコンを柔らかくする方法について解説していきました。レンコンは下ごしらえや部位、品種を考える事で柔らかく食べることが出来ます。

柔らかくレンコンを食べるためにもこの記事を参考にしてみてください。

スポンサードリンク

レンコンの人気記事をチェック

レンコンで人気のある記事を4つ紹介します。
是非チェックしてくださいね(^^♪
レンコン2種類11品種まとめ レンコン2種類11品種まとめ れんこんの主な栄養成分と期待できる9つの効果効能|ムチンが豊富 れんこんの保存方法まとめ|冷蔵・冷凍・常温での保存期間の目安はどのくらい? 簡単おいしい!レンコンのおススメレシピ10選