栗を食べ過ぎるとどうなる?おならも!毎日食べると副作用が出る?栄養と効果は?

」は秋の食材ですが、食べ過ぎるとおならが出ると聞いたことはありますか?栗を毎日食べても良いのでしょうか?また、甘栗は気軽に手に入る栗のお菓子ですが、ダイエット効果はあるのでしょうか?そこで今回は、

  • 栗ってどんな食べ物?
  • 栗を食べ過ぎるとどうなる?
  • 甘栗ダイエットの効果は?
  • 栗の1日の摂取目安量

これらのテーマについて紹介いたします。

スポンサードリンク

栗ってどんな食べ物?

学名 Castanea crenata
分類 ブナ科クリ属
原産地 日本、中国、朝鮮半島南部など
フランス語名 chataigne
ドイツ語名 Edelkastanie
旬の時期 9月〜10月
主な生産地 茨城、熊本、愛媛

栗は木になる木の実ですが、実は「果物」に分類されます。歴史は古く9000年前から日本にあったと言われています。石器時代の縄文遺跡からは「炭化した栗」が見つかっています。

原産地はアジア・ヨーロッパ・アメリカ・アフリカなど北半球の各地で、世界的に見ても栗は古くから存在していました。品種も豊富にありますが、大きく分けると日本栗・中国栗・西洋栗の3種となっています。

スポンサードリンク

栗の栄養素

栗は良質なたんぱく質を含み、エネルギー代謝を助けるビタミンB群も豊富でエネルギーを補給します。特にビタミンB1が多く、糖質やアミノ酸の代謝に関わっています。

渋皮にはポリフェノールの一つであるタンニンが多く、強い抗酸化作用で老化防止やガン予防に効果的です。ビタミンCは本来熱に弱い栄養素ですが、 栗のビタミンCはでんぷん質に包まれているため熱に強いのが特徴 です。

  • ビタミンB1:ビタミンB1は、人間の代謝に関わるビタミンで、炭水化物を糖に分解し、エネルギーを作り出す経路の最初を担います。食べた糖質全般を燃焼させる工程に関わるため、不足すると疲れやすくなります。また脳の神経伝達物質にも関わり、集中力を増やすや手足の痺れにくくすると言った働きがあります。
  • ビタミンB6:ビタミンB6は、たんぱく質をアミノ酸に分解し、再合成して筋肉や必要な組織を作る働きがあります。加えて、体内のホルモン分泌のバランスも整える働きを持っています。エネルギー代謝にも関わり、加えて神経伝達にも関わる多くの役割を持つビタミンです。
  • ビタミンC:ビタミンCは、抗酸化効果が高く活性酸素を除去し、過酸化脂質の生成を押さえや動脈硬化含む血管疾患、免疫力を上げるため風邪の予防効果があります。コラーゲンの生成やメラニン生成を抑えるため美肌効果が高いのも大きな特徴です。また、脳を落ち着かせる働きの脳内物質の生成や、ホルモン合成にも関わっています。
  • タンニン:タンニンはポリフェノールの一種で、植物の渋みの味を持つ物質です。ワインやお茶、柿に含まれており、人間の体内の細菌の増殖を抑え駆除をする力があるので、食中毒の予防や風邪の予防に役立ちます。便を硬くして下痢を改善する効果もある栄養分です。

 

期待できる効果

栗はタンニン・ビタミンCの抗酸化作用と、ビタミンB群の働きで慢性的な疲れをすっきり解消してくれます。また、ガン予防や老化防止になるのでアンチエイジングにも効果的です。

  • 風邪や感染症予防
  • 疲労回復効果
  • 老化の抑制
  • がん予防
  • アンチエイジング効果

スポンサードリンク

栗を食べ過ぎるとどうなる?副作用は?

栗を食べ過ぎるとどうなるのでしょうか?むき栗はついパクパク食べてしまいますが、栄養豊富で健康効果も沢山あるので、問題ないのでは…?と思うかもしれません。

しかし、栗の食べ過ぎは副作用の元です!こんな症状が出る可能性があるので注意しましょう。

おならが出る

栗には不溶性食物繊維が含まれているため、 食べ過ぎると消化しきれず腸内でメタンガスを発生 させます。これは大腸の中で腐敗している証拠で、腐った臭いと共におならが出てしまいます。

しかし、不溶性食物繊維には整腸作用があるため、食べ過ぎなければ体に嬉しい栄養素です◎便秘解消効果もあります。

胃痛・腹痛

食物繊維が豊富なゆえ、食べ過ぎると胃痛・腹痛を起こすことも。体内での消化が追いつかず、腹痛と共に下痢してしまうこともあるので注意しましょう。

吐き気

消化器症状の一つに吐き気があります。おならや胃痛・腹痛と比べると発症する可能性は低いですが、人によっては吐き気・そして嘔吐する場合もあります。

お腹が張る

腸内でメタンガスが発生すると、当然お腹の中はガスで充満します。するとお腹がパンパンに張ることも。おならをして排出すれば解消しますが、ガスのせいでお腹が張り、苦しくなることがあります。

スポンサードリンク

甘栗は毎日食べても大丈夫?

栗の皮を剥いて加工されたものに「甘栗」があります。コンビニでも買うことのできるお馴染みのお菓子でもありますが、甘栗は毎日食べても大丈夫なのでしょうか?

「甘栗置き換えダイエット」という言葉もあるようですが、その効果について見てみましょう。

甘栗置き換えダイエットとは

甘栗置き換えダイエットとは、食事の一部を甘栗に置き換えてダイエット効果を期待するものです。「甘いものが食べたい!」そんな時にオススメで、 洋菓子など他のスイーツを食べるよりも脂質・カロリーを抑えることができ、食物繊維やビタミンを摂ることができます 

甘栗のダイエット効果

甘栗のダイエット効果ですが、毎日大量に食べると糖分を多く摂ることになるのでオススメできませんが、ちょっとしたおかつ代わりに食べることで高カロリーのお菓子を食べるよりはダイエット効果があるようです。

スポンサードリンク

栗の1日の摂取目安量 

では、栗を食べるなら1日何個までが良いのでしょうか?1日に食べて良い摂取目安量を見てみましょう。

1日の栗の目安量
  • 大人…1日10個まで
  • 子供…1日5個まで

大人はだいたい1日10個まで、子どもは5個までが目安量です。食べ過ぎるとおならや腹痛・吐き気の原因にもなりますので、体の様子を見ながら食べすぎないようにしましょう!

まとめ

栗を食べ過ぎるとどうなるの?」というテーマについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

この記事をまとめると

  • 栗の食べ過ぎはおならの原因!腹痛・胃痛・吐き気が出ることも
  • 栗にはビタミンCやタンニン・ビタミンB1が豊富でガン予防やアンチエイジングに効果的

栗は栄養豊富な秋の味覚なので、適量を守って美味しく食べてみてくださいね♩

スポンサードリンク