[歌舞伎]錢屋の家紋「木槌」を解説!代表的な主な名跡・役者まとめ


淺尾爲十郎

引用:https://ja.ukiyo-e.org/

 

錢屋の主な名跡

淺尾爲十郎、淺尾奧山

 

淺尾爲十郎

・初代 淺尾爲十郎
淺尾元五郎の門弟、実父は淺尾十次郎の血筋の京都の三味線弾き杉本為三郎。1735–1804。
淺尾萬吉 → 初代淺尾藤吉 → 初代淺尾爲藏 → 杉本爲十郎 → 初代淺尾爲十郎

・二代目 淺尾爲十郎
初代の子、1779-1806。
初代淺尾奥次郎 → 二代目淺尾爲十郎

・三代目 淺尾爲十郎
初代の門弟、1780–1836。
初代淺尾友藏 → 二代目淺尾奥山 → 三代目淺尾爲十郎 → 二代目淺尾奧山(復名) → 三代目淺尾爲十郎(復名)

・四代目 淺尾爲十郎
三代目の子、生没年不詳。
淺尾房之助 → 四代目淺尾友藏 → 三代目淺尾奥次郎 → 四代目淺尾爲十郎

 

淺尾奧山

「奧山」は初代淺尾爲十郎の俳名に由来する。実際に「淺尾奧山」を名乗ったのは二代目淺尾奧山が最初だが、この二代目とは別に、もう一人「二代目淺尾奧山」を称した役者がいたことが知られています。

・(初代 淺尾奧山)
淺尾元五郎の門弟、実父は淺尾十次郎の血筋の京都の三味線弾き、1735–1804。
淺尾萬吉 → 初代淺尾藤吉 → 初代淺尾爲藏 → 杉本爲十郎 → 初代淺尾爲十郎(俳名:初代 奧山)

・二代目 淺尾奧山
初代の門弟、1780–1836。
初代淺尾友藏 → 二代目淺尾奧山 → 三代目淺尾爲十郎 → 二代目淺尾奧山(復名) → 三代目淺尾爲十郎(復名)。

・(二代目 淺尾奧山)
天保十年四月(1839年5月)江戸 中村座の番付と、同十四年三月(1843年3月)京 北側芝居の番付にその名が見える。
詳細不詳

・三代目 淺尾奧山
二代目の子、1850-1885。
淺尾朝次郎 → 三代目淺尾友藏 → 三代目淺尾奧山

・四代目 淺尾奧山
三代目淺尾大吉の門弟、1894–1974。淺尾奧山襲名当初は「八代目」を名乗っていた。
淺尾關三郎 → 八代目淺尾奧山 → 四代目淺尾奧山

スポンサードリンク


錢屋の家紋について


 

家紋:小槌 読み方:こづち

敵を討つ、あるいは打ち出の小槌など、縁起のよいところから、紋として使用されるようになったとされています。比較的新しい紋です。

スポンサードリンク

他にもあるぞ!超人気家紋コンテンツ
「苗字から家紋」の画像検索結果 「10大家紋」の画像検索結果
「戦国武将家紋まとめ」の画像検索結果 関連画像