[歌舞伎]松廣屋の家紋「銀杏鶴」を解説!代表的な主な名跡・役者まとめ

松廣屋の主な名跡

片岡愛之助(五代目)

 

五代目 片岡 愛之助

1904年(明治37年)10月10日 – 1973年(昭和48年)10月26日。本名は三原 幸三郎(みはら こうさぶろう)。大阪の骨董商の家に生まれる。初代中村鴈治郎の門人・中村成若(後の市川新昇)の養子となり明治42年 (1909年)8月大阪本町座で市川新左衛門を名乗って初舞台。その後養父の死をきっかけに廃業するが、大正9年(1920年)四代目片岡我童に入門、片岡我久三郎を名乗り舞台復帰。昭和3年(1928年)名題昇進。昭和18年(1943年)4月、東京歌舞伎座の『与話情浮名横櫛』(源氏店)の下女役で五代目片岡愛之助を襲名しました。主に関西歌舞伎で活躍、老役を中心に脇を固めた。地味ながらも演技は巧く新派にも出演したり、十七代目中村勘三郎と共演したりもしました。

スポンサードリンク


松廣屋の家紋について


 

家紋:銀杏鶴 読み方:いちょうつる
秋、黄色の種子を結び、中に白い硬質の核果があり、これを銀杏といい食用にします。銀杏紋は、この葉を写実的に形象化したものですが、その長寿と悠然たる構えから、徳川家の替紋とされるなど、多くの諸氏が用いています。

スポンサードリンク

他にもあるぞ!超人気家紋コンテンツ
「苗字から家紋」の画像検索結果 「10大家紋」の画像検索結果
「戦国武将家紋まとめ」の画像検索結果 関連画像