[歌舞伎]播磨屋の家紋「揚羽蝶」を解説!代表的な主な名跡・役者まとめ


二代目 中村吉右衛門さんです。

引用:https://ja.wikipedia.org/

播磨屋の由来

初代中村歌六は、大坂三井の番頭・丹波屋甚助の子に生まれたが、播磨屋作兵衛の養子に出されたことから。

 

播磨屋の主な名跡

中村吉右衞門、中村又五郞、中村歌六、市川鰕十郞、中村歌昇、中村種太郞、中村種之助、市川市藏、中村吉之丞、中村もしほ

 

二代目 中村吉右衛門

1944年(昭和19年)5月22日 -。日本芸術院会員、重要無形文化財保持者(人間国宝)。身長178cm。

1944年(昭和19年)5月22日、東京都千代田区出身。暁星高等学校卒業。早稲田大学第一文学部仏文学科中退。堂々たる体躯、陰影に富む演技をもって歌舞伎立役の第一人者として活躍。義太夫狂言、時代物、世話物から新歌舞伎、喜劇にいたるまで全てのジャンルで高い評価を得ています。特に、後述するように、『勧進帳』や『義経千本桜』などでの武蔵坊弁慶役が十八番で、1986年のNHK新大型時代劇『武蔵坊弁慶』でも、主人公・弁慶役を演じました。また、テレビでの当たり役、フジテレビの時代劇シリーズ『鬼平犯科帳』で演じた主役・鬼平こと長谷川平蔵役の成功によって、お茶の間でもお馴染みの顔となりました。

絵画やスケッチを描くのが上手く、画集を出版したほか、画廊で個展も開いています。加えて、クイズ番組等では博学ぶりを発揮している。

出生名は「藤間久信」だったが、「波野久信」その後「波野辰次郎(初代の本名と同じ名)」へと改名しました。いまや春の恒例行事となっている四国金丸座こんぴら歌舞伎大芝居復活に深い関わりを持ちます。吉右衛門は第一回目に出演し、演出・脚本も担当しました。(プロデューサー的な役割は澤村藤十郎が担当)その様子はNHK特集『再現!こんぴら大芝居』として1985年7月19日に放送されました。(2006年2月4日にNHKアーカイブスとして再放送)歌舞伎作者としての筆名は、松 貫四(まつ かんし)。これは祖先にあたる人形浄瑠璃作者・松 貫四(初代)の名跡を踏襲したものです。また、関西学院大学客員教授を務めており、日本芸術院会員にも推薦され、就任している。2011年(平成23年)、重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されました(認定の官報告示は同年9月5日付け)。

 

五代目 中村 歌六

1950年(昭和25年)10月14日 -。本名は小川 進一(おがわ しんいち)。

二代目中村歌昇の長男。昭和30年(1955年)9月歌舞伎座『松竹梅湯島掛額』(お土砂)の小僧と『夏祭浪花鑑』「三婦内」「泥場」の倅市松で四代目中村米吉を襲名して初舞台。昭和56年(1981年)6月歌舞伎座『鬼一法眼三略巻』「一條大蔵譚」の一条大蔵卿で五代目中村歌六を襲名します。立ち役を中心に、敵役、老役、女形も勤める幅広い芸域。猿之助一座に同座していた頃は副座主格として猿之助を助け、ほぼ全てのスーパー歌舞伎や復活狂言で重要な役回りを担って活躍しました。『ヤマトタケル』のタケヒコなどがその代表的なもの。

近年では特に老役での活躍が目立ち、『夏祭浪花鑑』の釣船三婦や三河屋義平次、『伊賀越道中双六』(沼津)の雲助平作、『義経千本桜』(すし屋)の弥左衛門、『梶原平三誉石切』(石切梶原)の六郎太夫、『ひらかな盛衰記』(逆櫓)の漁師権四郎、『女殺油地獄』の河内屋徳兵衛、『一谷嫩軍記』(熊谷陣屋)の弥陀六実ハ平宗清、『松浦の太鼓』の宝井其角、『伽羅先代萩』(対決・刃傷)の渡辺外記、『三人吉三巴白浪』(伝吉内)の土左衛門伝吉、『助六所縁江戸櫻』の髭の意休、『恋飛脚大和往来』(新口村)の孫右衛門などの大役を務めることが多いです。また新作歌舞伎でも『大川の隠居』の船頭友五郎、『竜馬がゆく〜立志編〜』の勝海舟、『高野聖』の親仁などで味のある演技を見せています。

平成22年(2010年)3月、長年の舞台生活と、特に老役としての活躍が認められ、松尾芸能賞の演劇優秀賞を受賞しました。平成22年(2010年)9月新橋演舞場「秀山祭九月大歌舞伎」の『伊賀越道中双六』(沼津)の雲助平作で、弟の三代目中村又五郎(当時・歌昇)と共に屋号を萬屋から播磨屋に戻しました。この「沼津」は、かつて初代中村吉右衛門の呉服屋十兵衛にその父・三代目中村歌六の雲助平作という配役を行っており、それを当代の吉右衛門と歌六がつとめ、播磨屋の芸の伝承を見せた。叔父に萬屋錦之介、中村嘉葎雄、四代目中村時蔵。従兄弟に五代目中村時蔵、二代目中村錦之助、二代目中村獅童がいます。2015年、第22回読売演劇大賞優秀男優賞。芸術選奨文部科学大臣賞受賞。2016年、日本芸術院賞受賞。2018年春の褒章で紫綬褒章を受章。

スポンサードリンク


播磨屋の家紋について


 

家紋:揚羽蝶 読み方:あげはちょう
蝶は、同種であっても羽化する時期で翔の形や斑紋まで違うため、造化の神秘といわれています。

スポンサードリンク

他にもあるぞ!超人気家紋コンテンツ
「苗字から家紋」の画像検索結果 「10大家紋」の画像検索結果
「戦国武将家紋まとめ」の画像検索結果 関連画像