お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

下がり藤の家紋を持った武将まとめ!藤原氏との関連性、上がり藤、八つ藤とは?

   

戦国武将好きは「誰がどんな家紋を使っているのか」気になる

家紋ってどんなのもの?よく注目される「下り藤」をチェック

%e5%ae%b6%e7%b4%8b%ef%bc%91
引用:http://www.harimaya.com/
血筋や家系を重んじる日本では、誰がどの血筋なのかが一目でわかるように、「家紋」を作って着物などに縫い付けていました。今でも、家紋を大切にして家に飾っている家はたくさんあります。

この家紋、特に武将が好きな人は「誰がどんな家紋を使っているのか」を調べていることが多く、どの武将がどの家紋を使っていたのかまできちんと勉強されている人もいるとか。

そんな家紋の中でも、特によく注目されている「下がり藤」の家紋についてまとめてみました。

スポンサードリンク

 

下がり藤の家紋で良く知られるのは藤原氏

「下り藤」の家紋と藤原氏との関連性が面白い

「下がり藤」の家紋で良く知られる人物といえば、やはり藤原氏でしょう。

%e5%ae%b6%e7%b4%8b%ef%bc%92
 

皆さんは、歴史上の人物で「中臣鎌足」という人物について聞いたことはないでしょうか。中臣鎌足は天智天皇と関りが深い人物で、天皇から「藤原」の姓をはじめてもらった人物です。残念ながら「中臣鎌足」から「藤原鎌足」に名前が変わった翌日に亡くなっていますが、彼は「藤原」という名字の魁となる人物であることは間違いありません。
さて、ここで「下り藤」と藤原氏の関連についてみてみましょう。
藤の家紋といえば藤原氏、というイメージが非常に強いのですが、実は藤原氏の中でも藤の家紋を使っていたのはごく一部で、あとは別の家紋であったことが解っているそう。

 

藤原氏以外にも「黒田官兵衛」や、加藤嘉明氏などの武将も下り藤の家紋を使用

下り藤の家紋はあの石田三成も使用していた可能性も!?

では、どうして藤原氏が藤の家紋を使っていると思われたのか?それは、藤原氏の中から地方にいった人物たちが好んで藤の家紋を使うようになったためとか。
しかし、やはり下り紋=藤原氏というイメージはかなり根強いようですね。

他にも多くの武将がこの下り藤を利用していることが解っており、例えば「官兵衛」の異名で知られる黒田孝高や、加藤嘉明氏などの武将が下り藤の家紋を使用しています。

そして、あの石田三成が使用していた可能性もあるそう。
石田三成と言えば「第一大万大吉」の旗印が有名ですが、これはあくまで旗印であって家紋ではありません。三成が確実に使用していたと言われる家紋は、こちらの九曜紋。

%e5%ae%b6%e7%b4%8b%ef%bc%93
これと一緒に、第二の家紋として下り藤を使用していた可能性があるそうです。
真偽は定かではありませんが、使用していたら下り藤を使っていた武将がまた増えることになりますね。

ちなみに、武将ではありませんが美空ひばりさんが使用していた家紋も下り藤ですし、俳優の津川雅彦さんも下り藤の家紋を使っています。こうしてみるだけでも、かなりの著名人が下り藤の家紋を使っていたことが解ります。

スポンサードリンク


「下り藤」の家紋もあるが「上がり藤」の家紋ってあるの?

上がり藤の家紋を使っていたことで有名なのは「吉村寅太郎」「伊藤博文」

「下り藤」の家紋もありますが、実は「上がり藤」の家紋も。

%e5%ae%b6%e7%b4%8b%ef%bc%94 これは、藤の花が上に上がっている様な形をしている家紋のことで、下り藤とはちょうど逆の形をしています。
この家紋も非常に有名で、例えば土佐勤皇党の吉村寅太郎が使用していますし、内閣総理大臣となった伊藤博文も使用しています。
下り藤とはまた違った趣がある上がり藤もまた、多くの人に長く愛されている家紋であることがわかるでしょう。
日本で栄華を極めた藤原氏へのあこがれが、藤を使った家紋を多く生み出したと考えると、藤原氏の影響力というものがいかに大きいものなのかがわかりますね。

スポンサードリンク

 - 家紋