うりの漢字の書き方・書き順は?うりのつく漢字はどんな言葉がある?読み方は?

みなさんは「瓜」という漢字の読み方はご存知かと思いますが、この漢字を使った言葉やことわざについて聞いたこと使ったことはありますか?瓜といえばきゅうりや冬瓜などがありますが、ほかにも馴染みのある野菜や果物に「瓜」という字が使われています。

私は文字として書くことはあまりありませんが、この記事を作成する上で打ち込むことはよくあります。最近は神に文字を書く機会がぐんと減ってきていますよね。

今回は、「瓜」という字の書き方や、「瓜」のつく言葉についてまとめて見ました。早速見てみましょう。

スポンサードリンク

うりの漢字の書き方・書き順は?

きゅうりや冬瓜などの瓜に使われている「瓜」という漢字、読むことはできても書くのは少し難しくないでしょうか?バランスを崩すと物凄く下手になってしまったりもします。

「瓜」は一番初めに上の部分である「ノ」を書きます。そして左から書く書き順です。実際に書いてみると「瓜(うり)」と「爪(つめ)」という漢字は似ていますよね。

スポンサードリンク

うり科の植物の和名には「瓜」の漢字が使われている

一文字で読むと「うり」ですが、他の漢字と合体することで色々な植物の名前になります。きゅうりも平がなで書くことが多いですが、漢字にする「胡瓜」と書きます。

ウリ科の植物の和名には「瓜」という漢字が使われいています。瓜を使った植物をいくつかピックアップしてみました。

・南瓜(なんきん)

…南瓜ってなに?と思ったかもしれませんが、「かぼちゃ」の別名なのです。こちらは地名が関係していて、中国に伝わる時に南京の港から伝わったことからこの漢字が付けられたそうです。

・西瓜(すいか)

…「スイカ」としてお馴染みですが漢字では西の瓜と書きます。これは西の国から伝わったことが由来だそうです。

  また、水分が豊富なことから江戸時代には「水瓜」とも言われていました。

スポンサードリンク

・苦瓜(にがうり)

…苦瓜は、沖縄が原産の「ゴーヤ」の別名です。ゴーヤも瓜と同じ黄色の花を咲かせます。和名の由来は、漢字からもすぐわかるように苦いからです。その苦味がまたクセになるんですよね。

・甜瓜(てんか)

…甜瓜もみなさん必ずご存知の、「メロン」の和名なのです。漢字にするとなんなのか全くわからないですよね。

 こちらは一変種である「マクワウリ」の漢名からこのように書かれるようになりました。

読み方は?

「瓜」には音読みと訓読みの2つの読み方があり、よく知る「ウリ」というのは訓読みに当たります。

訓読み:うり

瓜という字の訓読みは「うり」しかありません。では音読みはなんと読むのでしょうか?

音読み:カ

瓜という字の音読みは「」と読みます。どんな時に使うのかというと、夏に美味しい「西瓜(スイカ)」や、瓜を作っている畑のことを「瓜田(カデン)」と言います。

スイカの「カ」に瓜という字が使われているのは意外ですよね。実はスイカもウリ科の植物で、瓜の仲間なのです。

スポンサードリンク

うりざね顔はどんな顔?

「うりざね顔」という言葉を聞いたことはありますか?この「うりざね顔」の「うり」は瓜のことを指しています。こちらは顔を表す言葉ですが、「やや細長くて白い顔」のことを言います。

この「うりざね顔」という言葉を使った「一瓜実に二丸顔 (いちうりざねににまるがお)」ということわざがあり一番良いのはやや細長く白い瓜顔で、二番目は愛嬌のある丸顔だという意味です。この言葉ができた当時は縦長の顔が流行っていたようです。なんだか不思議ですよね

「瓜二つ」はどんなときに使う言葉?

こちらはご存知の方が多い科と思います。縦に割った瓜のようにそっくりなことを表す言葉です。言われてみれば確かに縦半分に切ると左右対称ですよね。ほかの野菜でも左右対称なのでは?と思ってしまいますが、ここでは瓜が使われたようです。

スポンサードリンク

瓜とまぎらわしい漢字がある?

冒頭でも少し触れましたが、「瓜(ウリ)」という字と「爪(つめ)」という字はよく似ています。この漢字の違いを覚えるための、「瓜に爪あり爪に爪なし (うりにつめありつめにつめなし)」ということざわがあります。

これは唯一の違いである「ム」のようになっている中の部分のことを言っています。ちなみに、「瓜」と「爪」を逆にして「爪に爪なく瓜に爪あり」と言うこともあります。

まとめ

「瓜」という字の書き方や読み方、ことわざなどについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?実際に自分で文字を書くことはあまりない漢字かと思いますが、意外にも「瓜」という漢字はあちこちで使われていることがわかりました。

メロンやスイカにも「瓜」が使われているのは意外ですよね。ほかにも瓜を使った言葉はまだまだありますので、興味のある方はチェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク