春の味覚たけのこを使ったおススメレシピ10選|簡単料理で時短!

春の野菜との一つと言えば「たけのこ」ですが、みなさんはどんな料理にアレンジしていますか?パッと思い浮かぶのは、たけのこご飯や煮物ではないでしょうか?

たけのこはアクが強い野菜ですが、きちんと下処理すれば色々な料理に活用でき、美味しく食べることができます。私はたけのこを使ってパスタにし、毎年春を感じています。

今回は、そんな春野菜である「たけのこ」を使ったおすすめのレシピを10選ご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

たけのこのおすすめレシピ

では、早速たけのこのおすすめレシピをご紹介したいと思います。作ったこと・食べたことのある料理はあるかチェックしながら見てみてください。

炊き込みご飯・混ぜご飯

たけのこ料理と言えば炊き込みごはんは必須ですね。たけのこの旨味がごはんに染み込んで美味しい上、炊飯器にたけのこと調味料を入れていつものようにご飯を炊くだけなので、とっても簡単なのです。

たけのこだけでシンプルに仕上げても良いですし、油揚げを入れても◎です。シャキシャキ食感のたけのこと、ほっくりご飯の食感は相性抜群ですよ。旬の時期に一度は食べたい春の味わいです。

スポンサードリンク

天ぷら

下茹でしてアク抜きしたたけのこを天ぷら粉で揚げた、お蕎麦の付け合わせはもちろん、白いご飯にも合うたけのこの天ぷらはいかがでしょうか。サクサクとした衣の中にみずみずしくジューシなたけのこで、つけだれでも塩でも美味しい一品です。

揚げ物は家ではなかなか、という方は浅めに油を入れて揚げ焼きしてみてください。たけのこの甘みも感じられる大人のたけのこ料理です。

天ぷら粉にあおさを混ぜるのもまた違う風味が出てオススメです。一番美味しい揚げたてを是非味わってみてください。生のたけのこが無い場合は、水煮たけのこでも代用できます。

味噌汁

味噌汁は日本人の食事には欠かせない汁物の一つですね。たけのこは味噌汁の具材としても重宝します。くし切りにしたたけのことお好みの野菜を入れて味噌汁を作ってみましょう。

たけのこをアク抜きし、カットして冷凍保存しておけば作りたい時にさっと鍋に入れるだけですぐにできるので時短にもなります。普段の味噌汁にたけのこを取り入れてみましょう。

スポンサードリンク

刺身

続いてはたけのこのお刺身です。お刺身ということは、「生で食べるたけのこ料理」なのです。たけのこはアクが強いので基本的には加熱して食べるものなのですが、掘り立てのフレッシュなものであれば生で食べることも可能なのです!

あまり掘り立てのたけのこを食べる機会はないかと思いますが、たけのこ掘りなどのイベントがあった時は是非食べていただきたい一品です。新鮮なたけのこはアクも少なく、市販のものよりも旨味もあって美味しいですよ。

メンマ

メンマといえばラーメン屋さんや中華料理屋さんの付け合わせのイメージがありますが、実は家庭でも作れるのです。みりんや醤油などの調味料と合わせて炒め煮するだけなので案外簡単なのです。

作り置きしておけばビールのお供や、料理に添えるちょっとしたミニ副菜としてとっても重宝します。たけのこの中でも食べない茶色い皮の下にある「姫皮」という部分で作るのがオススメです。

ほどよいシャキシャキ感があるのでメンマにぴったりですよ。皮の下にあり中心部までいかない中間部分ですので、皮と一緒に捨てず、上手く活用しましょう。

スポンサードリンク

パスタ

便利なおうちご飯のパスタにもたけのこは良く合います。醤油ベースの和パスタや、ガーリックを効かせたペペロンチーノなど、色々なバリエーションのパスタにたけのこを投入してみましょう。

こちらはたらことたけのこのパスタです。シャキシャキ食感が良いアクセントになり、季節を感じる一品です。春になるとレストランでもたけのこを使ったパスタが出回ります。お家でもお手軽に作ってみませんか?

きんぴら

きんぴらは本来ごぼうとにんじんで作るものですが、たけのこで代用してもシャキシャキ食感が活かせて美味しく仕上がります。きんぴらはレンコンやブロッコリーの芯など、硬めの野菜でよく代用されています。

たけのこも食感が強めなのでよく合いますよ。アク抜きしないとえぐみの原因になってしまいますので、下茹でしてよくアク抜きをしたら普段と同じ手順で作ります。作り置きおかずとしても◎ですよ。

スポンサードリンク

スープ

たけのこをスープに入れ、中華風に味付けをしても美味しいです。溶き卵を入れたり、わかめを入れたりしてアレンジしてみましょう。お好みでとろみを付けても美味しいです。

汁物にちょうど良いサイズにカットして冷凍しておけば時短で作ることができるのでオススメです。アク抜きしておくことも忘れないようにしましょう。餃子や青椒肉絲などの家庭での中華料理のお供にいかがでしょうか?

炒め物

どんな具材と合わせても良い炒め物にたけのこを使えば、ボリュームもアップしシャキシャキ食感で食べ応えのある一品料理の完成です。たけのこには食物繊維が豊富に含まれているので、しっかりお腹にたまります。

たけのこのおかげでカサが増えるので大人数の時にもオススメです。塩胡椒でシンプルに味付けしたり、味噌バターでコクを出したり、豆板醤で絡みをつけたりと味のバリーエーションは様々です。

たけのこを丸々1本買った時など、大量消費したい時にも◎で、ボリュームあるおかずです。

スポンサードリンク

サラダ

たけのこはサラダとして食べることはあまりありませんが、生野菜と合わせて食べるのもオススメです。

こちらはスライスアボカドと合わせ醤油で味付けしたサラダですが、レタスなどのグリーンサラダの上に焼いたたけのこをのせると香ばしさが出て美味しいです。いつものサラダのトッピングにたけのこを使ってみましょう

まとめ

たけのこ料理のおすすめ10選をご紹介しましたが、みなさんが作ったことのある料理はありましたでしょうか?

フレッシュな生たけのこは春先に出回る期間限定モノですが、水煮などの加工済みたけのこであれば年中流通していますので、是非たけのこを使って色々な料理を堪能してみてください。

たけのこは食物繊維が豊富なので、腸内環境を整えてくれる体に良い野菜でもあります。これまであまりたけのこ料理を作ったことのない方は、簡単なものからチャレンジしてみてくださいね。

スポンサードリンク