しいたけによる食中毒症状って何?生焼けで腹痛・吐き気も|見分け方と加熱時間

しいたけ食中毒」をご存知ですか?しいたけを食べると発症する食あたりで、腹痛や下痢などが主な症状です。特にしっかり加熱できていないしいたけを食べることによって起こる中毒なのですが、どんな成分が原因なのでしょうか?今回は、

  • しいたけの食中毒ってあるの?
  • 食中毒・食あたりの症状は?
  • 生焼けしいたけの見分け方
  • しいたけを生焼けにしない加熱時間

これらのテーマについて紹介いたします。

スポンサードリンク

しいたけによる食中毒ってあるの?

結論からお答えすると、「しいたけによる食中毒はあります」!加熱調理した椎茸ではなく、生焼けで完全に火が通っていない椎茸を食べると食中毒になる可能性があります。

これは椎茸に関わらず、エリンギや松茸でも言えることです。しかし、マッシュルームだけは生でも食べることができます

椎茸の食中毒成分は?
  • ホルムアルデヒド…過剰摂取すると皮膚炎・胃腸障害を起こす危険性がある
  • シアン化合物…きのこが溜め込みやすい成分→加熱すると揮発するので心配ない

しいたけには、ホルムアルデヒドやシアン化合物といった体に害のある有害成分が含まれていますが、 熱に弱いため加熱すれば問題はありません 

生焼け

 生焼けのしいたけを食べると食中毒になる可能性がある ので、しっかり焼いたり茹でだりして火を通してください。毒成分は熱に弱く、加熱することで揮発するので安心しましょう◎

スポンサードリンク

生しいたけの食中毒・食あたり症状は?

生焼けのしいたけを食べた場合に起こり得る食中毒の症状には、何があるのでしょうか?生しいたけによる食中毒・食あたり症状をいくつか見てみましょう。

  • 腹痛
  • 吐き気
  • 下痢

腹痛

生しいたけによる食あたり症状1つ目は、腹痛です。ホルムアルデヒドには胃腸障害を起こす危険性があるため、消化不良などのトラブルを起こして胃痛や腹痛といった症状が出ることがあります。

吐き気

2つ目は、吐き気です。胃腸障害が起こることで出る症状で、食あたりによくある症状です。

下痢

3つ目は、下痢です。胃腸障害は腸にも影響するため、上手く消化することができずお腹を下すこともあります。

生焼けしいたけの見分け方

しいたけによる食中毒にならないために、生焼けしいたけを見分ける方法をご紹介します。しっかり加熱されていれば、有害成分は消えるので問題ありません。

自分で調理する場合は大丈夫かと思いますが、居酒屋など外食の際に生焼けのしいたけをうっかり食べないためにも、その見分け方を見ていきたいと思います。

生焼け椎茸の見分け方
  • 表面の色が薄いまま
  • しっとりしていない
  • サクサクとした食感

これらが生焼けしいたけの特徴です。椎茸は加熱すると表面の色が少し濃くなります。また、食感もサクサクとした生感が強いので、噛んでみて怪しいなと思ったら食べないようにするのが無難です。

スポンサードリンク

しいたけを生焼けにしない加熱時間

生のしいたけは食中毒を起こす危険性があるので、調理する際はしっかりと加熱して火を通しましょう。フランパンで焼くのであれば片面最低2分は加熱しましょう。スープなどで茹でる場合は火が通りやすいです。

トースター加熱には注意 

しいたけを焼く時、トースター加熱する際は注意が必要です。フライパンや鍋などで加熱するのとは違い、温度が低いので火が通りにくいです。しいたけをそのままトースターで焼く時は、生焼けに注意してください。

スポンサードリンク

まとめ

しいたけによる食中毒・食あたり」についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

この記事をまとめると

  • しいたけにはホルムアルデヒド・シアン化合物といった毒成分が含まれている
  • 毒成分は加熱すると揮発するので、生焼けでなければ問題ない
  • しいたけ食中毒の主な症状は、腹痛・吐き気・下痢

みなさんは椎茸による食中毒、ご存知でしたか?生のままだと有害成分が残っていて、腹痛などの症状が出ることがあるので注意しましょう。しっかり加熱すれば問題ないので安心してくださいね。

スポンサードリンク