猫に玉ねぎは絶対に与えないで!中毒症状や食べてしまった時の対処法

愛猫は可愛くて、色んなものを食べさせてあげたくなりませんか?ねだられたらついつい人間の食べ物も与えたくなってしまいがちですが、今回は「玉ねぎを猫に食べさせても大丈夫?」という疑問にお答えする記事です。

玉ねぎは料理によく使う野菜ですが、猫が食べても大丈夫なのでしょうか?問題があるのかないのか気になりますよね。早速その答えと解説を見てみましょう!

スポンサードリンク

猫に玉ねぎを与えてはいけない

結論からお答えすると、「猫に玉ねぎを与えてはいけません」!玉ねぎを始めとするネギなども猫にとっては食べることのできない食材なのです。

一番危険な成分として「有機チオ硫酸化合物」というものがあります。玉ねぎの中に含まれているもので、生のままはもちろん、加熱しても消えることのない成分なのです。

食べることによってどんな症状が起こるかは、記事の後半でご紹介させていただきますね。

スポンサードリンク

中毒症状を引き起こす

玉ねぎを食べることで有機チオ硫酸化合物が体内に吸収され、中毒症状を引き起こしてしまうのです。

キッチンでの調理中に床に落ちてしまった玉ねぎを食べてしまった!なんてこともありますので、玉ねぎを扱う時には十分に注意しましょう。

猫は犬以上に玉ねぎ中毒に敏感

猫と同様犬に玉ねぎを与えることも禁物なのですが、猫は犬以上に体調不良が起こる可能性が高く敏感なのです。犬にとっても毒となってしまいますが、猫の場合はさらなる注意が必要です。

加工品にも気をつけよう

玉ねぎそのものだけではなく、玉ねぎを使った加工品もNGです。少しでも玉ねぎ成分が含まれていると体調不良起こしかねません。

猫にとっては加工品に含まれる少量の玉ねぎも命取りとなることがありますので、玉ねぎ関連の食材とは関わらせないよう徹底するようにしましょう。

スポンサードリンク

時間が経ってから症状が出ることも

万が一玉ねぎを食べてしまった場合、すぐに症状が出なくても時間差で症状が出ることがあります。食べてから血中に成分が届くまで数時間かかるので、食べてしまいすぐ症状が出ない場合も十分に様子を見て注意しましょう。

中毒量や致死量

中毒が起こる量の目安ですが、猫の体重1kgあたり玉ねぎ5gで体調不良が起こり始めます。そのため猫の大きさによって中毒が起こる基準も変わってきます。

とても小さな猫であれば15gの玉ねぎを食べた時点で体調不良を起こす可能性が高くなります。キッチンに落ちていた玉ねぎをうっかり食べてしまう可能性もありますので、猫を飼っている方は注意しましょう。

スポンサードリンク

玉ねぎ中毒の症状

気をつけていたけれど、愛猫がうっかり玉ねぎを食べてしまった!そんな時に起こり得る体調不良の症状を5つ挙げてみます。

猫によっては最悪の場合死んでしまうこともありますので、注意しましょう。それではどのような症状があるのか見てみましょう。

歯茎や目の結膜が白くなる

猫が玉ねぎを食べてしまった時の症状に「歯茎や目の結膜が白くなる」症状があります。玉ねぎに含まれる有機チオ硫酸化合物が赤血球を壊しすことにより起こるものです。

歯茎や目の結膜はじっくり見ないと気づかない部分でもあるので、玉ねぎを食べてしまった時にはよく確認してみましょう。

スポンサードリンク

呼吸困難

また、「呼吸が困難になる」こともあります。呼吸困難が続くと酸素を十分に吸うことができず、最悪の場合命を落としてしまう可能性もゼロではありません。

歩行不安定

「フラフラとしている」のも玉ねぎによる中毒症状です。貧血を起こすことにより生じるもので、真っ直ぐ歩けなかったり上手く立ち上がれないといったことが起こります。

食欲消失・嘔吐下痢

玉ねぎを食べてしまった数時間後に現れるのが「嘔吐や食欲の消失」です。玉ねぎに含まれる猫にとって毒である成分「アリルプロピルジスルファイド」が血中に届くまでに数時間を要すのです。嘔吐から始まり、その後様々な症状が出る場合もあります。

スポンサードリンク

貧血・血尿

玉ねぎをたくさん食べてしまうと「ハインツ小体性溶血性貧血」と呼ばれる玉ねぎ中毒を起こしてしまうこともあります。

猫の貧血は、フラフラして歩きづらそうになっていたり、上手く立てなくなるといったことから気づくことが多いでしょう。貧血に気づかずそのままになってしまうと、黄疸が出て死に至る場合もあるので早期発見が必要です。

また、すぐに気づく症状の一つに「血尿」があります。血混じりの尿が出ることも玉ねぎによる中毒なので注意しましょう。

黄疸や肝臓機能の低下

猫は玉ねぎを食べることで「黄疸を発してしまったり肝臓機能が低下する」こともあります。そのままにしておくと命の危険がありますので、玉ねぎを食べてしまい体調不良が見られる場合は病院へ行くようにしたほうが無難です。

スポンサードリンク

猫が玉ねぎを食べてしまったときの対処法

万が一、猫が玉ねぎを食べてしまった時にはどのような対処をするのが良いのでしょうか?与えなくても落ちていた玉ねぎを食べてしまうなんていうこともありますので、その時の対処法について見てみましょう。

無理に吐かせてはいけない

玉ねぎを食べてしまった愛猫に、無理に吐かせようとするのはNGです。まずは口の中に玉ねぎが残っていないか確認し、あれば手で取りましょう。

吐かせたくなる気持ちもわかりますが、上手くいかず余計に体調を悪くさせてしまうことも少なくありません。

スポンサードリンク

かかりつけの動物病院に連絡

無理やり吐かせるのではなく、かかりつけの動物病院に連絡するようにしましょう。食べたばかりの時はなんの症状もなくても、時間が経つにつれ玉ねぎに含まれている毒成分が血中に届いてしまいます。

手遅れにならないためにも、発見したらすぐに連絡し、必要があれば病院で診てもらうようにしましょう。

まとめ

猫に玉ねぎを与えても大丈夫?という疑問テーマに沿ってご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

生でも加熱済みでも猫に玉ねぎを与えるのは禁物です!毒成分が体内に入り、様々な体調不良や酷い場合は命を落としてしまうこともあります。

できるだけ愛猫に健康で長生きしてもらうためにも、うっかり玉ねぎを食べないよう注意するようにしてみてくださいね。

スポンサードリンク