レタスのカロリーと糖質!ダイエット効果は?おススメレシピも紹介|食べすぎには要注意

「ダイエットには最適!」と言われることの多いレタス。しかし本当にダイエットに向いているのでしょうか?そこで今回は実際に含まれるカロリーや糖質からダイエットに向いていると言われる理由、さらにはダイエットにお勧めのレシピまでをまとめてみました

スポンサードリンク

レタスのカロリーはどのくらい?

カロリーは人間が生きていくために必要なエネルギーです通常、取り入れたエネルギーは運動によって使われていきますが、消費されなかった余りは脂肪へと変わってしまいます。そのためダイエットではカロリー計算をして管理するのです。では、レタスにはカロリーはどれくらい含まれているのでしょうか。

可食部100gあたり12kcal

レタスには可食部100gあたり12kcalが含まれています。似たような見た目でよく間違われるキャベツだと可食部100gあたり23kcalで、レタスの低カロリーさが分かると思います。

レタスの糖質はどのくらい?

糖質も体のエネルギー源のひとつです。たんぱく質や脂質などの他のエネルギー源と比較すると即効性があるため、短時間の運動には糖質が使われます。この糖質も体には必要不可欠な成分ですが、すぐに使われない分は脂肪として体内に蓄積されてしまうのです。ではレタスにふくまれる糖質はどれくらいなのでしょうか。

可食部100gあたり 1.7g

レタスには可食部100gあたり 1.7gが含まれています。似たような見た目でよく間違われるキャベツだと可食部100gあたり3.4gで、レタスの低糖質さが分かると思います。

スポンサードリンク

レタスはダイエットに向いている?

糖質やカロリーが少ないのは分かりました。結論を言うと、レタスはダイエットに効果があります。では実際に、なぜレタスはダイエットに向いているかをまとめてみました。

満腹感がある(食物繊維や水分が多い)

レタスに含まれる不溶性の食物繊維には、腸内環境改善、便通の促進、食べ過ぎの防止の効果があります。またレタス全体の約95%が水分なので、大量の水分と食物繊維の効果で満腹感を得やすいのです。

置き換えダイエットに◎

レタスは置き換えダイエットに最適です。置き換えダイエットとは、「いつもの食事」を「なにか」に置き換えるダイエット方法です。カロリーや糖質を抑えた材料に置き換えるだけで食べたいものを我慢せずにダイエットができるので、人気のダイエット方法です。レタスはカロリーや脂質が少ないですが栄養はきちんと含まれているので、置き換えダイエットに最適です。

脂質ゼロ

レタスは可食部100gあたりに脂質が0.1gと、ほぼ無いです。生物は食べることにもカロリーを使うので、「食事で使うエネルギー」が「食事で取るエネルギー」を上回れば「食べるダイエット」ができるのです。レタスは脂質も無く、「マイナスカロリー食品」と言われることもあります。

レタスダイエットの方法

ソース画像を表示

実際にレタスでダイエットをする場合、どのような方法があるのでしょうか。

食事前にレタス1/4個を食べる

生活リズムの中で特に高カロリーを摂取するのは夕飯です。レタスは満腹感が得られる野菜ですので、夕飯前にレタスの1/4個を食べることで食べ過ぎを防ぐことができます。しかし、生のレタスは満腹感を感じやすいですが体を冷やす効果もあるので、加熱したレタスなどと組み合わせて食べるようにしてください

緑黄色野菜と一緒に摂る

レタスだけだと栄養が偏ってしまうので、サラダの場合はニンジンなどの緑黄種野菜と組み合わせるなど、他の食材もバランスよく食べ栄養を取るようにしましょう。

レタスダイエットおススメレシピ

ダイエットの際におすすめなのはやはりサラダです。サラダチキンやササミをほぐして一緒に食べると、カロリーを抑えつつ美味しく食べることができます。また、レタスは体を冷やしてしまうので、春雨などと一緒に暖かいスープにするのもおすすめです。暖かく満腹感もあり、食べ過ぎの防止にもなります。

レタスの食べ過ぎは危険?

レタスダイエットで注意してほしいのが、レタスの食べ過ぎです。カロリーも少なく安心してたくさん食べてしまいがちですが、食べ過ぎると下痢や腹痛、むくみになってしまうこともあります

95%が水分のため下痢や腹痛も

レタスは全体の約95%が水分のため、体が冷えやすくなってしまいます。つまり冷たい飲み物をたくさん飲んだらお腹を壊した・・・と同じような症状になってしまうのです。消化器官の不調に加え、食物繊維も多く含まれているので下痢や腹痛になってしまいます。

むくみになる

体が冷えてしまうことで血流が悪くなり、余分な老廃物や水分がうまく運搬されなくなってしまいます。運搬されないということは体内に蓄積されるということなので、むくみにつながってしまうのです。

まとめ

今回はレタスに含まれるカロリーや糖質から、レタスダイエットに期待できる効果までをまとめてみました。老廃物を出してくれるだけではなく美肌効果もあり、まさに内からも外からも綺麗を作ってくれるレタスですが、食べ過ぎはいけないようです。バランスよく、丁度良く、レタスを食べましょう。

スポンサードリンク