お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

山形初市2017の日程は?イベント内容、由来、時間、交通規制などをまとめてレポート

   

山形初市の内容ってどんなの?

400年の歴史がある山形の正月の風物詩

%e5%b1%b1%e5%bd%a2%ef%bc%91
江戸時代初期に始まってから、約400年の伝統をもつ山形県の風物詩です。
山形県には定期で市が立つ市日町があり、最上義光公び時代に、毎年1月10日に市神祭りとして、十日町から七日町にかけて露店が数多く並ぶようになったのが始まりとされているようです。
商業の象徴として株を「かぶ」、また長寿を表す「白ひげ」などの野菜に「初あめ」「団子木」などの縁起物などの露店が立ち並ぶそうです。
山形市内外から約20万人を超す人々で活気あふれます。
毎年1月10日開催です。

スポンサードリンク

 

山形初市の歴史、由来

山形初市は山形市十日町と言う中心街の地名の由来

%e5%b1%b1%e5%bd%a2%ef%bc%92%e5%b1%b1%e5%bd%a2%ef%bc%94
山形市十日町という中心街の地名から初市の由来となっています。
毎月十日に開催される新年最初の市を指します。
歴史は古く、江戸後期には記録として残っています。
縁起物として、その頃から白髪ネギ(辛味のある短いネギで、味噌をつけて先の方だけを食べるようです)や、団子木(枝飾りで紅白の玉がついています)や、臼や杵などだけでなく、紅花を紙に団子状に丸めたものを
乗せた様子の旗飴などが売られていたとのことです。

%e5%b1%b1%e5%bd%a2%ef%bc%93
 

スポンサードリンク

 

山形初市のみどころ

初飴、縁起のアサツキなどが露店に並ぶ江戸時代初期から続く伝統行事であります。
商売繁盛や家内安全などを祈願します。

%e5%b1%b1%e5%bd%a2%ef%bc%95
 

山形市初市の日程、開催時間について

毎年1月10日は大盛り上がりの山形です

開催時期:例年1月10日
開催地:山形市十日町・本町・七日町の国道112号線及び沿線(十日町、本町、七日町、旭銀座、一番組商店街沿道)
お問合せ先:山形商工会議所
電話番号:023-622-4666
FAX番号:023-622-4668
ホームページ:http://www.yamagata-cci.or.jp/user/eve/ev_hatu.html

※山形市初市では、会場内及び交通規制内でのドローンの使用を禁止しております。

最新情報は、ホームページまたは先山形商工会議所まで

スポンサードリンク


山形市初市へのアクセスについて

山形駅から少し距離がアリ

JR山形駅から徒歩15分
駐車場駐車場は周辺にある有料駐車場をご利用下さい。

 

山形初市の駐車場情報

駐車場: なし
周辺の民間駐車場を利用

 

山形初市の交通規制について

毎年、交通規制があります。
本年度は未定ですが、十日町・本町・七日町の国道112号線及び沿線などが対象になるようです。

 

スポンサードリンク

 - 未分類