お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

日焼け後のケアのおすすめは?パックは?痛い、ひりひりする場合は?

   

日焼け後、ひりひり、痛い、そんな時は?

042601
日焼けをしてしまい、お肌がひりひり痛くて。。。そんな時にはどうしたら良いのでしょうか?

まずは、冷やすことです!

日焼けは、日光により肌がやけどをしている状態です。
一般的に日焼け以外のやけどは、「熱いっ」と感じたその習慣にやけどをしてしまいますが、日焼けによるやけどは、一瞬どころではありません。肌がひりひりするほどのやけどですから、長時間にわたって、やけどの現象を受け続けていることになります。

瞬間的に強烈な熱さがないために蓄積されてしまったやけどの症状は、肌にかなりのダメージを与えています。しかも日焼けは広範囲ですので、適切なケアが必要です。

SPONSORED LINK



とりあえず、濡れたタオルを日焼けした部分に当てます。特に暑い時にはタオルもすぐに温まってしまいますので、こまめに取り替えるか、または保冷剤や氷を入れたビニールをタオルに巻いて当てるのもおすすめです。

シャワーを浴びることができる場合には、水のシャワーを浴びるのも効果的です。ひとまず皮膚の痛みがある程度落ち着き、熱が引くまでいろいろ手を尽くして冷やしましょう。

少し落ち着いたら、次は保湿です。
皮膚が乾燥しないように軟膏を塗り、皮膚を保護します。
おすすめは、アロエ成分配合のものや、馬油から精製されたクリームなど、天然由来のものです。
比較的刺激が少なく、保湿もしっかりできます。

 

日焼け後のケアに大事なこととは

042602
ひりひりとした痛みが引かず、水ぶくれが出来てしまった場合には、できるだけ早めに皮膚科を受診しましょう。通常は、自己ケアで症状を回復させるのは困難です。

皮膚科に行かずに済む場合でも、しばらくは新たに日焼けをすることは厳禁です。短時間でも、日光が皮膚に当たっている限り日焼け現象はおきますので、くれぐれも注意が必要です。

そして、しばらくすると皮がポロポロと剥けてくるかもしれませんが、決して無理に剥いてはいけません。そのような部分には、引き続き丁寧に軟膏を塗ってください。

また、目安として1週間くらいは、体も顔も洗浄成分が入っているもので洗わないようにしましょう。つまり、洗顔料や石けんを使わず、ぬるま湯で洗うということです。
特に、顔はこの期間のメイクにも気をつけましょう。メイクはしないことが好ましいですが、無理な場合は極力薄めに。メイクからの刺激だけでなく、それを落とす時の刺激、きちんと洗い落とせなかったことによる刺激…など、ダメージが重なるだけです。

直接的なケアだけでなく、ビタミンA、B、Cをたっぷり摂取し、皮膚の修復を助けましょう。
睡眠を多くとることも効果があります。痛さが引くと、治ったような感覚になるかもしれませんが、とんでもありません。そのやけどは、皮膚の内部まで痛みつけています。しばらくは、皮膚を元通りにすることに専念するくらいでケアしてください。

 

パックや美白化粧品は使用してもいいの?

042603
日焼け後すぐにパックをすると、ひりひりも終息して肌に良いのではないかと思われがちです。そして美白化粧品をいち早く使い、色も戻したいところですが、それはNGです!
日焼け直後のひりひりした肌に化粧水がしみると、とても痛く感じるだけでなく、痛んだ肌には刺激が強すぎてよくありません。パックや美白化粧品を使うのはひりひりが収まってから。

ひりひり感が収まってからは、美白化粧品やパックなどを活用し、肌の奥に形成されてしまったメラニンの濃度を下げていくようにしましょう。

 

まとめ

042604
日焼けしてしまった時のケアをご紹介しましたが、あくまでも日焼けはやけど。老若男女関わらず、日焼けは肌の大敵です。

しかし、万が一日焼けをしてしまったら、水のシャワーや濡れタオルでひたすら冷やし、その後は保湿につとめます。
化粧水やパックは刺激が強いので、ひりひりが収まってからの使用にしましょう。

まずは紫外線対策をしっかりすることが大前提ですよ。

 - 暮らしのヒント