お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

帽子(レディース)でuv対策!失敗しない帽子選びのコツ

   

 

良いお天気だと気分がはずみますね。

1602280201
でも、同時に勢いよく紫外線も降り注いでいます。晴天の日は見るからに紫外線が強そうですが、実は曇りの日でも紫外線は元気に活躍。紫外線は、お肌にシミやたるみを作るだけでなく、髪の毛の痛み、視力低下など、身体にいろいろな悪影響を及ぼします。

曇っているから、短時間だから、と油断は禁物です。外を歩く際には、必ずuv対策をされることをおすすめします。まず、頭の上からの紫外線をカットするために、帽子、または日傘は必須アイテムです。ここでは、uv対策の帽子について、ご紹介します

 

参考記事:日傘についてのご紹介はこちら
「紫外線対策!折りたたみ遮光タイプの日傘が人気。選び方のポイントは?」

SPONSORED LINK


uv対策のための帽子 ①素材はどのようなものが良い?

uvカットの加工はおもに2通りあります。

1 つは紫外線吸収剤を使って加工しているもの、もう1つは、uvカット素材を使っているものです。紫外線吸収剤を使用している帽子は、劣化していくうちに、吸収剤がとれてきてしまうという欠点があります。特に洗濯を繰り返したりしていると、見た目には分かりませんが知らぬ間に普通の帽子になっていることも。

一方uvカット素材で作られた帽子は、あらかじめ生地自体に加工が施されたもので出来ていますので、その心配はありません。ですから、まずはuvカット素材で作られた帽子を選ぶようにしましょう。

ちなみに、麦わら帽子は蒸れにくく非常に涼しそうに見えますが、編み込みの隙間からuvが通過してしまうそうです。夏、お子さんがかぶっているととても可愛いですが、小さいうちからuv対策をきちんとしてあげてくださいね。

1602280202
 

uv対策のための帽子②色も関係する?

しかし、uvカット素材の帽子を選んだからといって、完璧ではありません。色も重要なポイントです。

しかしながら、濃い色ほど紫外線を吸収するのはご存知かと思いますが、実はuvカット加工がきちんとされている帽子であれば、表の色はさほど気にしなくて大丈夫なのです。
特に初夏以降は、洋服の色も白っぽいものや明るいものが多くなるのに、頭だけ、いかにも「紫外線対策しています」のような主張をした黒い帽子を突然かぶっていては、ファッションが台無しになってしまいます。

さらに黒は熱も吸収するので、実際、顔の体感温度が高くなるそうです。
ですから、表の色は黒にこだわらずに選んでください。あくまでも、きちんとしたuvカットの加工が施されている素材であることが大前提ですので、ここはお見逃しなくしっかり確かめてくださいね。

ポイントはここからです。表の色はお好きなもので構わないのですが、実は内側の色が重要なのです。
紫外線は上からの直撃だけではなく、アスファルトなど地面からも相当強く反射しています。白っぽい色は光を集めますので、帽子の近くにある顔に光が集まることになってしまうのです。

1602280203
特にシルバー系は熱を遮断してくれるような気がしてしまうのですが、絶対にNGです。人物を撮影する際に、シルバーの傘のようなものを上にセットしているのを見たことはありませんか?これは光を集めて人物に反射させています。内側がシルバーや白っぽい色の帽子をかぶると、この現象をわざわざ作っているようなものなのです。

 

uv対策のための帽子③おすすめの形は?

最後に形についてですが、つばが周囲全体に10センチくらいあることが理想です。もちろん、その部分もuvカット素材で作られていないと意味がありませんので、デザイン性を重視するあまり、つばは大きいけど、レースやリボンの素材だった…ということがないように細部までしっかりご確認ください。

1602280204
まとめると、外に出る時は短時間でも曇りでも必ずuv対策が必要
uvカット素材で作られており、
内側の色は白っぽいものは避け
つばが周囲全体に10センチ程度ある帽子
を選びましょう。
最近では、機能とデザイン性が組み合わされた、素敵なuv対策の帽子が出回っています。早いうちにお気に入りの帽子を見つけてくださいね。

 

こちらの記事もあわせて読まれています。
「紫外線対策!折りたたみ遮光タイプの日傘が人気。選び方のポイントは?」
「今年の日傘は折りたたみ晴雨兼用タイプが人気。その秘密と選び方は?」

 - 暮らしのヒント