お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

カボチャの語源はカンボジアと関係あるの?ポルトガルとの関係もあったりするの?

   

食べても見ても美味しいかぼちゃ!かぼちゃの魅力とは?

かぼちゃ3[引用:https://pixabay.com/]

 

カボチャのおいしい季節になりました。
ほくほくとして甘く滋味深く、料理だけでなくプリンスイーツにも
加工される魅力的な野菜です。
日本人にとってはなじみ深いですが、元は外国から伝わりました。
名前の由来についても考えてみましょう。

 

スポンサーリンク



 

カボチャの語源、由来にカンボジアとの関係性ってあるの?

かぼちゃ4[引用:https://pixabay.com/]

名前は東南アジアの国「カンボジア」に由来します。
1532~1555年間にポルトガル人がカンボジアの産物として日本に伝え、
当初「カボチャ瓜」と呼ばれました。
後に「瓜」が落ちて「カボチャ」と呼ばれるようになります。
ちなみに漢字表記は「南瓜」で、南蛮渡来の瓜という意味です。

 

 

カボチャの語源、由来にボルトガルとの関係性ってあるの?

かぼちゃ5[引用:https://pixabay.com/]

 

カボチャには「ボウブラ」という異名があります。
ウリ科の植物を意味するポルトガル語「abobora」に由来しています

ちなみに上記以外にも「南京」、「唐茄子」という異名があります。
前者は日本にもたらされる寄港地である中国の南京に由来し、
後者は唐の国から伝わった茄子という意味合いがあります。
直球なネーミングですね。
1573年に長崎県に伝わってから日本の農家でも栽培され始め、
東北地方では1620年頃、京都周辺では1670年頃、
東京周辺では1740年頃から普及が始まりました。
同じ日本でも関東と九州では200年近くも差があるのですね。

スペインやポルトガルの宣教師たちが日本に寄港した際には
サツマイモ、トウモロコシ、ジャガイモなど保存性の高い野菜も共に持ち込まれました。

 

 

かぼちゃ以外の秋野菜、アボカド・胡桃(くるみ)のおもしろい由来とは?

d0mt3h0000008762アボカドは16パーセントも脂肪を含むため「森のバター」と呼ばれています。
日本名は「鰐梨」。
形は洋梨に似ていますし、皮はゴツゴツしていますね。

 

kurumi
胡桃は「胡」という漢字は昔の西域諸国を表しました。
中東、インド、中国西域です。
胡から伝わり桃のような形をしているので、この名前になりました。
ちなみに胡から伝わった麻状の物が「胡麻」、瓜ならば「胡瓜」、
山椒のようなものなら「胡椒」となります。
国の名前と形が名づけの決め手なのですね。

 - 暮らしのヒント