うまい棒の納豆味はおいしい?まずい?味の口コミやカロリーを紹介

本日11月11日は「うまい棒の日」だというのを皆様はご存じでしょうか?

「うまい棒」を4本並べると「1111」と似ていることから11月11日を「うまい棒の日」にと株式会社やおきんが制定しました。

子どもも大人も大好き!駄菓子の王様「うまい棒」ですが、長年10円だったうまい棒が今年ついに12円に値上げになったニュースは記憶に新しいかと思います。

そんなロングヒット商品であるうまい棒は現在レギュラー発売されているフレーバーは全部で15種類ありますが、中でも異色な部類に入るのではと思われる味に「納豆味」があるのをご存じでしょうか?

そこで今回は…

  • うまい棒の納豆味の味の口コミ
  • うまい棒のカロリー・成分は? 
  • うまい棒納豆味は人気が無い?
  • おすすめのうまい棒の種類2選
こちらの話題について取り上げていきたいと思います。

スポンサードリンク

うまい棒の納豆味の味の口コミ

うまい棒の納豆味、食べたことありますか?

「おいしい」意見の口コミ

https://twitter.com/77_happiest/status/1583757538712948736

「好みではない」意見の口コミ

そもそも納豆も好き嫌いが分かれる食べ物なので、お菓子になっても好き嫌いは分かれそうですね。

うまい棒納豆味食べてみた!

実は筆者、この記事を担当するまでうまい棒納豆味を食べたことがありませんでした。というのも、筆者は食べれなくはないのですが、あまり納豆が好きではないのです…。なので何となく手が伸びなかったうまい棒納豆味、この機会に食べてみました。

食べてみた感想は「これはすごい!スナック納豆だ!!」でした。1噛み目はちゃんとうまい棒のサクサク食感なんです、ですが2噛み目は口の中がネバネバするんです!!!味は後味がちゃんと納豆風味なのですが、その納豆味を忘れてしまうくらい口の中のネバネバさが気になってしまうのです。

スナック菓子であの納豆のネバネバ食感って出せることに感動すらしました。ネバネバ食感が苦手でないのなら本来の納豆味が苦手でもうまい棒なら案外食べられます。是非納豆嫌いはチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

うまい棒の納豆味のカロリー・成分は?

賛否両論ありますうまい棒の納豆味ですが、栄養成分にはどのようなものが含まれているのでしょうか?

原材料などの成分

【うまい棒納豆味 原材料】

コーン(アメリカ、分別生産流通管理済み)、植物油脂、納豆パウダー、糖類(砂糖、ぶどう糖)、納豆シーズニング、スイートコーンパウダー、しょうゆ、粉末だししょうゆ、香辛料、昆布パウダー、青のり、ネギパウダー、粉末しょうゆ/調味料(アミノ酸等)、香料、甘味料(スクラロース)、酸味料、着色料(カラメル色素)、(一部に小麦・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

納豆独特の味は納豆パウダーと納豆シーズニングによるものと推測されます。

引用:うまい棒納豆味

うまい棒の納豆味のカロリー

  • カロリー:36kcal
  • タンパク質:0.6g
  • 脂質:2.1g
  • 炭水化物:3.6g
  • 食塩相当量:0.1g

引用:うまい棒納豆味

スポンサードリンク

うまい棒納豆味は人気が無い?

「なぜ納豆味を再現してしまったんだ」と、言われてしまうほどのうまい棒納豆味ですが、実際人気としてはどの位の位置にいるのでしょうか。

うまい棒のはじまり

うまい棒は今年43年を迎えます歴史古い駄菓子のひとつです。1979年、最初のうまい棒が誕生し、この年に発売された味はサラミ味、ソース味、カレー味の3種類でした。サラミ味は現在も続いている定番の商品です。

うまい棒納豆味の歴史

その後も様々な味が開発・販売されては消えを繰り返しながら、納豆味は1993年に初めて販売されました。しかし納豆が苦手とされる関西圏の人々には特に人気が無く1年ほどで販売を終えたのち、1996年に復刻しました。しかし、2代目も売れ行きは振るわず、再び販売中止に…。

2代目までは香料を使用して納豆のフレーバーを作っていたそうですが、2003年に再々発売された3代目からは原料に本物の納豆を使い、粘り気や香りなど、納豆本来のうまみや食感を感じられるように改良したそうです。そんな企業努力が実を結び、プロのパティシエたちが「どのうまい棒が一番おいしいか」を決めるテレビ番組でも1位に輝くほどの評価をついに獲得!しかし、なんとその時にはすでに終売が決まっていたのでした。

2012年、満を持して4代目として納豆味は再々々発売され、今や押しも押されもせぬロングセラー商品となり、レギュラーフレーバー15種の内の一つに格付けされました。

うまい棒納豆味の逸話

上記でも述べた通りこの納豆味、一度終売して蘇った商品なのですが、リニューアルの際に味を納豆により近づけるために辛子風味をさらに追加して辛子納豆味にして再販売した強者なのだそうです。納豆愛とやおきん開発者愛が垣間見える商品ですね。

ランキング下位に沈んでいる

一時期番組内で一位を取るほど人気だった納豆味ですが、ここ数年他社のうまい棒ランキング、レギュラー味の中では下位に沈みがちです。

そして、今年うまい棒の生みの親会社やおきんがうまい棒総選挙を現在絶賛開催中です!ぜひこの機会にうまい棒納豆味を宜しくお願いいたします!!

うまい棒総選挙

うまい棒の人気は定番商品

やおきんランキングや、他社のランキングを見ても多少のランキングは違えど大体「コーンポタージュ味」「チーズ味」「めんたい味」が上位に食い込んでいます。

意外なのが発売当初から今もレギュラーに君臨し続けるサラミ味がランキング上位3位入りしてないことです。今回のうまい棒ランキングでは何位に食い込んでくるのか納豆味と共に楽しみです。

スポンサードリンク

おすすめのうまい棒の種類2選

ランキングでも上位3位に食い込んでくるうまい棒代表を今回はおすすめしたいと思います。

コーンポタージュ味

日本人ならば一度はうまい棒コーンポタージュを口にしたことがあるのではないかと思うほど、このコーンポタージュ味はうまい棒の定番中の定番ではないでしょうか。様々なランキングを覗いてみましたが、コーンポタージュ味が1位を飾っているところが多かったように思います。

コーンポタージュは1992年発売ですが、発売当時時代背景的にコーンポタージュは外食で食べるもので高級なスープでした。そんなコーンポタージュを手軽に食べられるようにというコンセプトのもと生まれ、今もポピュラーな味から愛されていますうまい棒です。筆者も好きです。

チーズ味

チーズ味も様々なうまい棒ランキング上位3位に食い込んでくる定番商品で、コーンポタージュと同じくらい定番中の定番うまい棒ではないでしょうか。濃厚なチーズの風味を12円で味わえるのですからお得感すらあります。

まとめ

この記事をまとめると

  • 「うまい棒」を4本並べると「1111」と似ていることから11月11日を「うまい棒の日」にと株式会社やおきんが制定しました
  • うまい棒納豆味は食感はサクサクしたうまい棒なのに、納豆のネバネバ感をしっかり再現しています
  • 納豆独特の味は納豆パウダーと納豆シーズニングによるものと思われます
  • うまい棒は今年43年目を迎える歴史古い駄菓子のひとつで、1979年最初のうまい棒が誕生し、この年に発売された味はサラミ味、ソース味、カレー味の3種類でした
  • 納豆味は販売、販売停止、改良、再発売を繰り返し現在4代目です
  • 2003年に再々発売された3代目からは原料に本物の納豆を使い、粘り気や香りなど、納豆本来のうまみや食感を感じられるように改良しました
  • 納豆味は近年下位に沈みがちです
  • 上位を占めているのは「コーンポタージュ味」「チーズ味」「めんたい味」です

本日はうまい棒の日でした、明日から土・日を迎えますのでお休みという方も多いはず。近所の駄菓子屋さんや駄菓子コーナーへ足を運び、うまい棒納豆味を片手に映画などを楽しんでみてはいかがでしょうか。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。良い休日を!

スポンサードリンク