キャベツを冷凍して変色しても食べられる?冷凍やけを防ぐ正しい保存方法とは?

皆さんはキャベツをどのように保存していますか?野菜室ですか?それとも常温?様々な保存方法がありますが、実はキャベツには向いている保存方法と向かない方法があります。キャベツは正しい方法で保存しないとすぐ変色してしまうんです。

今回の記事ではキャベツの正しい保存方法や変色したキャベツは食べても平気なのかについて紹介していきます!

スポンサードリンク

キャベツはどんな食材?

キャベツを冷凍して変色しても食べられる?冷凍やけを防ぐ正しい保存方法とは?キャベツはアブラナ科アブラナ属の多年草で淡色野菜です。西ヨーロッパの海岸の崖の上が原産といわれています。日本では明治4年の北海道開拓使が栽培を始めました。現在は世界各地で栽培されています。キャベツは結球する品種とそうでない品種の約60種を超える品種があります。出荷時期により冬キャベツ(球が締まった平たい形)、夏秋キャベツ(高原キャベツ)、春キャベツ(新キャベツ)に分類され、一年中消費可能な食材です。

キャベツ1枚(95g)のカロリーと糖質は?

  • カロリー:19kcal
  • 糖質:2.9g
ちなみにキャベツ100g当たりだとカロリーは23kcalとなります。

スポンサードリンク

キャベツの廃棄率

キャベツの廃棄率は15%です。

廃棄部位は、芯(葉脈)です。

キャベツ1枚(95g)の栄養成分

栄養キャベツ1枚(95g)の栄養成分を以下の表にてまとめました。是非、チェックしてみてくださいね。

塩分 0g
たんぱく質 1.0g
脂質 0.2g
炭水化物 4.2g
食物繊維 1.4g
カリウム 160
カルシウム 34
マグネシウム 11
0.2
ビタミンA 3
ビタミンE 0.1
ビタミンK 62
ビタミンB2 0.02
葉酸 62
ビタミンC 33

キャベツは食物繊維がとても豊富な食品です。そのほかにもカリウムやカルシウム、マグネシウムなどのミネラルもバランスよく含まれているとても健康効果の高い野菜ですね!

ミネラルとは?
ミネラルとは、生体を構成する主要4元素である酸素・炭素・水素・窒素以外の総称で「無機質」とも呼ばれます。私たちの体を構成する元素は、およそ95%を主要4元素が占めており、ミネラルは残りの5%ほどです。しかしこのわずかなミネラルは、骨や筋肉の元となったり、体の調子を整えたりといった重要な役割を果たしています。ミネラルは体内で作ることができないため食事などから摂取する必要があるとされており、糖質・脂質・たんぱく質・ビタミンと並んで五大栄養素の一つにも数えられています。ミネラルは不足すると欠乏症などの問題が生じますが、一方で過剰に摂取することによっても問題が起こると言われています。「必須ミネラル」:ナトリウム、マグネシウム、リン、イオウ、塩素、カリウム、カルシウム、クロム、マンガン、鉄、コバルト、銅、亜鉛、セレン、モリブデン、ヨウ素※引用:トリムミズラボ

スポンサードリンク

キャベツの保存方法と目安|冷蔵・冷凍・常温はどのくらい?

サラダにしても美味しいし、千切りにして付け合せにも役立つ万能野菜のキャベツ。1つまるまる買うと余ったりして保存方法をどうしようかと困ったことはありませんか?

キャベツの保存方法を冷蔵・冷凍・常温での保存期間の目安と保存方法をまとめました。

  • 冷蔵の保存目安:2週間
  • 冷凍の保存目安:1か月
  • 常温の保存目安:3~4日

保存期間はあくまで目安となる日数なのでなるべく早く食べるのがおススメです。春キャベツなどの旬の美味しい時期にしっかりと保存を方法を勉強しておくとおいしいまま長期間食べることができます。

また、キャベツは常備菜としても作り置きができる優秀な野菜です。

キャベツを冷凍したら変色する?

低音障害・冷凍やけすると色が変わる

引用:知っておきたい食のあれこれ!

キャベツは温度の変化に敏感な食材なので、冷凍庫に入れると茶色や黄色っぽく変色することがあります。買ったばかりのキャベツの葉にも、生育する過程で付いた冷凍焼けによる黒い斑点がみられることもあります。

スポンサードリンク

味や風味は?

どんなもの?

冷凍焼けによる変色が起きたキャベツの味や風味について気になりますよね?

実は冷凍焼けで変色してしまったキャベツは風味が落ちます。ですが食べることはできます。冷凍庫に入れたことにより水分が抜けているので、特に体に害があるということもありません。デメリットとしては少しだけ見た目が悪いという点が気になるところと、水分を通して栄養素が少し抜けてしまっていることがあげられます。

冷凍焼けの原因は?
冷凍焼けの原因は、食材の乾燥と酸化にあります。冷凍庫内で長期間保存をすると食材に含まれる凍った水分が水蒸気に変化します。そうなると徐々に食材が乾燥していきますよね。そのうち食材の中の水分がなくなると、その隙間に空気が入り込み、酸化という変化を起こします。酸化は空気中の酸素が食品の成分を劣化させてしまうことを言います。この一連の流れによって起こされているのが「冷凍焼け」ということです。一般的に冷凍焼けになると、食材の風味や食感が著しく低下するといわれています。冷凍庫に入れているからといってずっと新鮮なままというわけではないことを覚えておきましょう。

変色したキャベツは食べられる?

食べることは可能!

good

冷凍庫に入れて黄色ややや茶色になってしまったキャベツは問題なく食べることができます。見た目があまり良くないので、他の食材と混ぜて炒め物やスープに入れるなどの方法で調理する方が良いでしょう。

ちなみに明らかに腐ってしまっているキャベツは食べることができません。キャベツ全体が黒ずんでいたり、異臭やヌメリなどがみられた場合は完全に痛んでしまっているので食べないようにしましょう。

明らかに腐っている食品の特徴

  • 異臭がする
  • カビが生えている
  • ぬめりがある
  • 糸を引く
  • 黒か茶色、白色に変色している
  • 食べると舌に痺れるような感覚がある

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?野菜が本来の色をしていない時、口にするのは怖いと思いますが食材についての知識を蓄えることで、今まで捨ててしまっていたものが実は食べられる状態だったということが分かると、食品ロスを減らせるかもしれません!

この記事をまとめると

  • キャベツは温度の変化に敏感な野菜!
  • 黄色や淡い茶色になっている場合はまだ食べることが可能!
  • 明らかに真っ黒になっていたり、腐敗している場合は食べないように

スポンサードリンク