アスパラは茹でないで食られる?茹で時間・焼くだけ・レンジ|極太でも!

アスパラ」は、下処理の段階で茹でると茎が柔らかくなるので料理に使いやすくなりますが、「茹でないで食べる」こともできるのでしょうか?根っこに近い部分は繊維質が強くて硬いので、茹でないと食べられないのでは?と思う方も多いかと思います。そこで今回は、

  • アスパラは茹でないで食べられる?
  • アスパラを茹でない調理法
  • 極太アスパラの食べ方
  • アスパラの茹で時間
  • 茹でずに美味しいアスパラの食べ方

これらのテーマについて紹介いたします。

スポンサードリンク

アスパラは茹でないで食べられる?

アスパラは火が通れば食べられるので、「茹でないで食べることができます」!一番早く火が通るのは「茹でる」調理ですが、茹でない方法で火を通せば問題ありません◎

スポンサードリンク

焼く前に茹でる方法

冒頭でもお話しましたが、アスパラのベーコン巻きなど「焼く」料理の前に下茹でする方法があります。下茹ですることでアスパラの硬い茎に火が通り、その後の調理でも火が通りやすくなるための作業です。

しかし、焼く前に茹でるというのはかなり手間のかかる作業。時間のない時には面倒と感じてしまいますよね。そこで、アスパラを茹でない調理法をご紹介したいと思います。

アスパラを茹でない調理法

アスパラを茹でない調理法には、いくつかの種類があります。どれもアスパラに火を通すことができるので、わざわざお湯を沸かして塩茹でして…という作業の時短になりますよ。また、アスパラに含まれる栄養素をキープすることもできます。

そのまま炒める

アスパラは、茹でずにそのままフライパンで炒めてもOKです。太いアスパラの場合は完全に火が通るのに時間がかかってしまいますが、日本に売られているアスパラって細いものが多いですよね。直径1cm程度のアスパラであれば、そのまま炒めるだけでも問題ありません。

焼く

アスパラは、グリルなどで焼く方法もあります。フライパンで炒める時も火が通りやすく、BBQの時などにもおすすめです。

電子レンジ

アスパラは電子レンジを使って加熱する方法もあります。耐熱容器に入れたら少量の水を入れ、ラップをかぶせて600wで1分ほど加熱します。加熱しすぎるとアスパラがひょろひょろになってしまうので注意しましょう。

茹でないメリット

アスパラにはビタミンCなど水溶性の栄養素が含まれており、茹でることによってお湯の中に溶け出してしまいます。しかし。焼く・レンジでチンすることにより、栄養が流れ出るのを防ぐことができます◎

スポンサードリンク

極太アスパラの食べ方

アスパラを茹でない方法をご紹介しましたが、「極太アスパラ」だとなかなか火が通りにくいです。穂先は柔らかいので早く火が通りますが、根っこ部分にいくにつれて繊維質は強く、硬いのでなかなか火が通りません。そんな極太アスパラを扱う時は、この方法がおすすめです。

極太アスパラの加熱方法

フライパンで炒めて蒸す!

アスパラは茹でると栄養素が流れ出てしまうため、フライパンで炒めながら少量の水を加え、蓋をして蒸す方法がおすすめです。餃子を蒸す時と同じような感覚で、水を少し入れたら蒸し焼きにします。栄養素を流れださずに、極太アスパラを加熱する一番早い方法です。

アスパラの茹で時間は?

アスパラを茹でて調理したい!そんな時の茹で時間の目安を見てみましょう。細いアスパラ・太いアスパラなど、太さによって加熱時間は異なりますので、それぞれの茹で時間をご紹介します。

アスパラの茹で時間は?
  • 一般的なアスパラ…1分45秒
  • 太めのアスパラ……2分30秒

茹で時間の差は少しですが、アスパラは茹で過ぎるとクタクタになってしまいます。太さによって茹で時間を工夫してみてくださいね。

スポンサードリンク

茹でないでも美味しいアスパラの食べ方

茹でないでも美味しいアスパラの食べ方をご紹介します。アスパラにはビタミンCやビタミンA・B1・B2が含まれているので、色々な料理にアレンジしてみてくださいね。

素焼き・一本焼き

アスパラは一本焼きや素焼きにすると、アスパラの味わいをじっくり堪能することができるのでオススメです。シンプルに塩胡椒で味付けしたり、ガーリックで大人風味にしたり、粉チーズをかけたりとアレンジは豊富です。

ベーコン巻き

アスパラガスをベーコンで巻く「ベーコン巻きは」、野菜とたんぱく質を一緒に摂ることができるので栄養バランスも◎でおすすめです。豚バラか薄めのロース肉で巻いても作ることができますよ。塩胡椒や醤油で味付けします。食べ応えが欲しい方はロース肉の方がおすすめです。お弁当のおかずとしても重宝します。

スポンサードリンク

まとめ

アスパラは茹でなくても食べられる?」というテーマについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

この記事をまとめると

  • アスパラは茹でなくても、焼く・レンジ・蒸すなどの方法で調理可能
  • 極太アスパラの場合は、炒めながら蒸すのがオススメ

アスパラは春の季節野菜なので、色々なアレンジで堪能してみてくださいね。

スポンサードリンク