アニサキスが冷凍で死なない事はある?家庭用冷凍庫では死滅しない?

海の魚に寄生しているアニサキスは、魚を冷凍することで安全に食べることができます。しかし、場合によっては冷凍したはずの魚でもアニサキス食中毒を発症することがあります。これはどんな場合なのでしょうか?今回は、

  • アニサキスは冷凍で死滅する?しない?
  • 冷凍以外の死滅条件・処理方法
  • 死骸は食べられる?アレルギーに注意!

これらのテーマについて紹介いたします。

スポンサードリンク

アニサキスは冷凍しても死なない?  

アニサキスによる食中毒は、生きたアニサキスを食べることによって起こります。アニサキスを含む魚の種類は多く、お刺身やたたき・なめろうなどの生魚料理を食べることで発症します。

ですが、アニサキスは冷凍処理することで死滅するので、生魚を使った料理に使用されている魚は一度冷凍したものが多いです。そのため安全にお刺身などを食べることができています。

しかし、冷凍してもアニサキスが完全に死滅せず、生き残っていることがあります。冷凍したはずの魚でアニサキスが死滅しない原因はなんなのでしょうか?

スポンサードリンク

死なない原因は冷凍する温度  

冷凍してもアニサキスが死なない原因は、魚を冷凍する温度です。 アニサキスが死滅する冷凍温度は-20度 と決まっています。また、 冷凍時間も24時間を超えていないと死滅せず生き残っている可能性がある のです。

家庭用冷凍庫を使う場合は気を付けて

家庭用の冷凍庫の設定温度は、だいたい-18度となっています。-18度だとアニサキスの死滅温度としては足りないため、24時間以上冷凍しても完全に死なないことがあるので要注意です。

冷凍以外でのアニサキスの処理方法は?

冷凍以外でアニサキスを処理する方法は、他になにがあるのでしょうか?アニサキスは冷凍と加熱、どちらかの方法で死滅します。加熱の場合も温度に条件があります。

加熱  

アニサキスを死滅させるもう一つの方法は“加熱処理“です。70度以上で加熱することでアニサキスは死滅しますが、60度でも1分加熱すれば死滅します。

アニサキスのいる可能性のある魚を加熱する際のポイントは、加熱温度が重要です。電子レンジ加熱だと温度が死滅温度に達しず、また加熱ムラも出るためオススメしません。しっかり火を通し熱処理するには、フライパンや魚焼きグリル・オーブンなど高温で加熱できる方法が良いでしょう。

注意

流行りの低温調理は温度が足りずアニサキスが死滅しないので注意!

真空チルドや真空パックでも大丈夫?  

市販の真空パックになっている魚は、一度冷凍処理されたものであれば食べることができます。真空状態でアニサキスが死滅することはないので、冷凍か加熱どちらかの処理が施されていることが条件です。

アニサキスに寿命はある?

アニサキスは魚の体内で生き続けることができますが、人の体内では環境が合わずずっと生きることはできません。そのため”人には寄生しない寄生虫”なのですが、食べてすぐに死滅するわけではありません。

アニサキスの寿命

人の体内に入ってから5日程度!

人間の体内に入った後の寿命は4〜5日と言われています。それ以上経つと死滅し、そのまま排泄物と共に体外に排出されます。

スポンサードリンク

処理したアニサキスの死骸は食べても大丈夫?  

アニサキス

ところで、「アニサキスは死滅したとしても、死骸が鯖の中に残っているのでは…?」と気になった方はいませんか?そうなんです、アニサキスは死んでも、その死骸が鯖に残っています。

アニサキスは死んでいれば、食べても問題ありません。アニサキスを持つ魚で加熱処理や冷凍処理されているものを食べている私たちは、普段からアニサキスの死骸を口にしている可能性が高いのです。

大丈夫だがアレルギーには気を付けて  

ごく稀ですが、アニサキスアレルギーを発症することがあります。 アニサキスアレルギーは通常無害であるアニサキスの死骸でも腹痛や蕁麻疹などのアレルギー症状を生じます。 重い場合は呼吸困難になり、命にも関わる危険なアレルギーです。

激しい腹痛や吐き気・下痢といった症状であればアレルギーではありませんが、蕁麻疹や呼吸困難となった場合は直ちに病院を受診しましょう。

スーパーのしめ鯖や鯖缶にアニサキスが! 

スーパーではシしめ鯖や鯖缶が販売されていますが、稀にアニサキスがいることもあります。通常しめ鯖は加工段階で冷凍されているのでアニサキスは死滅しているはずですが、冷凍温度が-20度に達していなかったり、冷凍時間が24時間以上経っていない場合はアニサキスが生き続けていることがあります。

鯖缶に関してはしっかり加熱処理されたものがほとんどなので、アニサキスは混入していても既に死んでいるでしょう。アニサキスアレルギーの場合は、死骸にも反応するので注意してください。

スポンサードリンク

まとめ

この記事をまとめると

  • アニサキスが冷凍で死滅するには-20度で24時間以上の冷凍が必要
  • 冷凍以外の死滅条件は、60度で1分以上の加熱
  • 死骸は食べても無害だが、アニサキスアレルギーの場合死骸でも症状が起こる
  • 食中毒とアレルギーの違いは、蕁麻疹や呼吸困難といった症状の有無

アニサキスは冷凍と加熱で死滅する寄生虫ですが、条件として温度や冷凍・加熱時間があります。これに満たないと生きた状態で残っていることがあるため、家庭で生魚を扱う際は十分に注意しましょう。

スポンサードリンク