うりにアレルギーはあるの?

「うりを料理して食べようと思ったけど、うりにアレルギーってあるのだろうか?うりのアレルギーについて教えてください。」
うりを料理して食べようと思っていても「アレルギーがあるか分からないから怖い」という気持ちになるのも分かります。私はうりのアレルギーについて知りませんでしが、理解しておいた方が安心して食べられますよね。今回はうりのアレルギーについて分かりましたので、本記事にて解説していきますね。

美味しく、そして安心してうりを食べるためにも、早速見ていきましょう!

引用:JA

スポンサードリンク

花粉アレルギーを持っている人がうりを食べるとアレルギーがでる場合がある

うりにはアレルギーがあるのでしょうか?花粉症を持っている人がうりを食べるとアレルギー反応が出る場合があります。

そもそも花粉症とはスギやヒノキの植物の花粉が原因となってアレルギー症状を起こす病気のことです。日本人の25%以上の人が花粉症だと言われているほど身近な存在です。

そんな花粉症の人や花粉アレルギーを持っている人がうりを食べるとアレルギー反応を引き起こしてしまう可能性があるのです。

うりと言ってもメロンやスイカ、きゅうりなど日常的に食べられている野菜や果物が当てはまります。

うりを食べる際にはしっかりと自身の状態を確認しておく必要があります。

イネ科とキク科で反応する

花粉アレルギーを持っている人がうりを食べるとアレルギーがでる場合がありますが、イネ科とキク科で反応します。

花粉症は基本的にスギやヒノキをイメージする人は多いでしょう。花粉の季節である春が終わるとホッとするしともいるのではないでしょうか。

夏に茂るイネ科のものが原因でアレルギー症状が出ることがあるのです。6月以降に飛ぶのは主にイネ科の植物とされ、イネ科の植物が原因だと朝から症状が出やすくなります。

キク科にも反応するので、花粉アレルギー症状は春だけでなく通年と考えておく必要がありますね。

実際にうりを食べる際には、自分が花粉アレルギーを持っているのかについて知っておくと良いでしょう。

スポンサードリンク

症状

ここではアレルギーの症状について解説します。うりを食べてアレルギー反応が出ると言っても症状は様々あります。

そもそもアレルギーは、体内に入った異物を排除しようとする免疫反応が過剰に起こった状態のことを指します。

アレルギー症状についてしっかり理解しておきましょう。

皮膚・粘膜症状

皮膚に起きるアレルギーとしては、皮膚の赤みや痒み、蕁麻疹が一般的です。アレルギーとしては最もオーソドックスでイメージしやすいと言えるでしょう。

粘膜症状としては、目が痒くなったり、唇が痒くなる、唇が腫れるなとの症状があります。

消化器

消化器のアレルギー症状としては、嘔吐や腹痛、下痢などが主な症状に挙げられます。腹痛や下痢は普段日常的に感じている人も多く、アレルギーとして判断しにくい特徴があります。

呼吸器

アレルギーは、呼吸器にも症状が出る場合があります。花粉を吸い込む際に主に症状に出るのは鼻や目が多いですが、呼吸器官にまで悪影響を及ぼします。

呼吸器のアレルギーは息切れや喘息が挙げられます。

気道にアレルギー炎症が起こることで少しの刺激に敏感に反応するようになり、咳が止まらなくなります。

神経

アレルギーは神経にも影響を及ぼすことがあります。あまり多くないケースですが、体がだるく倦怠感を感じることがあります。

発熱や頭痛、頭がボーっとしたり集中力が低下することがあります。

全身(アナフィラキシー)

アナフィラキシーはアレルギーの中で最も重症なものとされています。短時間で症状が現れる特徴があり、症状が出る時間は人によって異なります。

上記で説明してきましたが、アレルギーの症状は皮膚や粘膜、呼吸器や神経など様々なものがあります。アナフィラキシーとな症状や中で2つ以上の重い症状が同時に起こったものを指します。

全身の蕁麻疹と喘息が同時に起こる事や嘔吐や動悸が同時に起こるなどがアナフィラキシーです。

アナフィラキシーは素早く適切な処置を行わないと生命に危険が出るほど重症なものです。

循環器

アレルギーは循環器の影響を受けることがあります。循環器は、血液やリンパ液など体液を輸送して循環させている器官です。

アレルギー反応が循環器に影響を受けることで、違和感を感じたり体が怠くなる特徴があります。

あまり循環器にアレルギー症状が起こることは少ないですが、しっかりと覚えておきましょう。

スポンサードリンク

まとめ

うりのアレルギーについて解説していきました。花粉アレルギーを持っている人がうりを食べるとアレルギーがでる場合があります。

症状はそれぞれ異なりますが、アレルギー症状についてしっかり理解しておくことが大切です。安心してうりを食べるためにも自身の花粉アレルギーの有無についても確認しておきましょう。

スポンサードリンク