ピーマンのおススメレシピランキング10選

みなさんはピーマンをどんな料理に使っていますか?夏の野菜であるピーマンですが、最近はビニールハウスの普及などにより1年と通して手に入れることのできる野菜です。

栄養も沢山含まれているので是非食卓に並べてほしい野菜の一つですが、今回はそのアレンジレシピについてご紹介します。

私はピーマンをよくお弁当のおかずとして使っています。細切りにすればサッと炒めるだけで火が通るので、時短したい時にとても重宝しています。

それでは、ピーマンを使ったおすすめのレシピ10選をご紹介します。

スポンサードリンク

ピーマンのおススメレシピ10選

早速ピーマンを使った10種類のレシピをご紹介します。これまで作ったことのあるものはいくつあるでしょうか?

無限ピーマン

引用:やまでらくみこのレシピ

無限ピーマンは食べても食べても止まらない、やみつきになるご飯のお供です。炒ったじゃこやごまを加えると風味が増して食欲をそそります

シャキシャキとした食感も楽しい無限ピーマンは、お酒のおつまみとしても重宝しますよ。和えるだけなので時短メニューでもあります。

ラタトゥイユ

引用:GARDEN STORY

ラタトゥイユは、一度に野菜がたっぷりとれる体に優しいメニューです。ナスやパプリカなど、彩り豊かな野菜をたっぷり使って作ってみましょう。

そのまま食べても、パンをディップしても美味しくいただけます。できたてのアツアツでも良いですし、冷やしても美味しいのがラタトゥイユです。

茄子とピーマンの肉みそいため

同じく夏野菜であるナスとピーマンを肉味噌で炒めたこちらの料理は、白いご飯がどんどんすすむ食欲増進メニューです。大きめにカットした野菜で食べ応えもばっちり。

野菜と味噌の組み合わせは非常に美味しいものです。最後に上から白ごまを振り掛ければ見た目もよりアップしますよ。

冷めても美味しいので作り置きメニューとしても重宝します。もちろんお弁当おかずとしてもおすすめです。

ナムル

引用:きょうのみんなのレシピ

ピーマンのナムルは、昆布を入れると塩気とコクが出るのでほとんど味付けいらずのお手軽メニューです。

普段白ご飯に入れている塩昆布を、千切りにして軽く炒めたピーマンと和えるだけで、あっという間に副菜ができてしまいます。こちらも白いご飯がすすむ食欲増進メニューです。暑い夏にもおすすめですよ。

スポンサードリンク

ナポリタン

昔懐かしい味わいのナポリタンは、細く切ったピーマンを入れるのが定番です。ケチャップの甘みとピーマンの苦味の組み合わせが、昭和の喫茶店を思い出すような味わいを作ります。

玉ねぎやソーセージなど、その時冷蔵庫にある野菜で簡単に作れるのも魅力ですね。赤いパスタに緑色のピーマンが映える懐かしのパスタです。

焼きうどん

続いても麺類です。豚肉やにんじん、もやしとピーマンなどお好みの具材と合わせた焼きうどんは、休日のランチや簡単に晩ご飯を作りたい日におすすめの一品です。

豚肉とピーマンの相性がとてもよく、この2つの食材を一緒に摂取することで体内でコラーゲンが生成されます

効率的にピーマンの栄養を摂るための2つの相性の良い食材は「豚肉」と「にんじん」と言われているので、こちらの焼きうどんはその全ての食材が入っていて非常に健康的です。

ピーマンとにんじんと一緒に摂ると栄養の吸収力がアップするので、是非使ってみてください。

豚バラ肉とピーマン炒め

ピーマンと豚肉炒めです。豚肉とピーマン、この2つの食材を一緒に摂ることでコラーゲンの生成を促せるほか、豚肉自体にもビタミンが豊富に含まれているので体力回復にも繋がります。

タンパク質も摂ることができるので、体に必要な栄養素がたくさん詰まった一皿です。さっと炒めるだけでできてしまうところも、お手軽でおすすめしたいポイントです。夏の暑い時期にぴったりなスタミナ料理ですね。

鶏肉のトマト煮込み

引用:cookpad

鶏肉のトマト煮込みは、トマト料理そして鶏肉料理の代表的メニューですね。コトコトと煮込み柔らかくなった鶏肉と野菜で体にも優しい一皿です。

彩りや栄養のためにピーマンを入れれば、ピーマンの苦味がアクセントのトマト煮込みに変わります。作ってから冷蔵後で数日持ちますので、作り置きとしてもおすすめです。

上に粉チーズをかければコクが出て更に美味しくなりますよ。

肉詰め

引用::ハナマルキ

ピーマンの定番料理、肉詰めです。一度で沢山のピーマンを食べることができ、お肉も入っているので野菜とたんぱく質がきちんと取れる健康的なメニューです。

ピーマンのわたにも栄養がありますので、わたごと食べる場合は普段と同じように半分にカットしたら、わたや種を取らずにそのままお肉を詰めてください

1こあたりのお肉の量は少し減りますが、お肉のおかげでわたや種の食感も気にならないのでおすすめです。

チャプチェ風

引用:cookpad

韓国料理の一つであるチャプチェの彩りとしてピーマンを加えるのもおすすめですよ。こちらは2色のパプリカとピーマンを入れた3色のチャプチェです。

甘辛い味の染み込んだチャプチェに、ピーマンの苦味がよく合います。ピーマンが苦手な方でも食べられてしまう、やみつきレシピです。お弁当に入れても良し、晩ご飯のおかずにしても良しの便利な一皿です。

手でちぎった海苔を散らすと風味が変わりまた美味しくなりますので、お好みでアレンジしてみてください。

まとめ

ピーマンを使ったレシピ10選をご紹介しましたが、作ったことのあるものはいくつありましたでしょうか?

ピーマンは栄養がいっぱいで体に良いので積極的に食べたい野菜です。経験あるレシピがあった方もそうでない方も、ピーマンのアレンジ料理はたくさんありますので楽しんでみてください。

スポンサードリンク