玉ねぎを食べて胸焼けしてしまう原因と対処法

炒めたり茹でたりと様々な料理に活用することのできる「玉ねぎ」は、体にも良く便利な野菜です。カロリーも低いのでダイエット中にも向いている食材ですが、食べ過ぎて胸焼けをしたことはありませんか?

玉ねぎを食べることによって起こる胸焼けすることがあるらしいのです。一体どのような原因なのでしょうか?

今回は、玉ねぎによる胸焼けの原因と、その対処法についてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

玉ねぎを食べて胸焼けになる

玉ねぎは適切な量であれば血液サラサラ効果がある良い野菜ですが、食べ過ぎることによって胸焼けしたり胃に不調が起きたりすることもあります。

これまで原因が玉ねぎだと気付いていない方もいらっしゃるかもしれません。玉ねぎの中に含まれているとある成分により胸焼けが起こることがあるのですが、一体どんなものなのでしょうか?

スポンサードリンク

原因は「アリシン」

胸やけを起こす原因は、玉ねぎの中に含まれている「アリシン」という成分です。刺激が強く、胸焼けのほかにも胃痛や腹痛、下痢を起こしてしまうのですが一体どのような成分なのでしょうか?

胃酸が大量に分泌

アリシンは胃の中に入ると胃酸が大量に分泌されます。というのも、アリシンはとても刺激の強い成分なので、それに対抗しようとする胃の自然な反応なのです。

胃酸が大量に分泌されると、それも体にとっては負担となります。そのためモヤモヤとした胸焼けが起きたり、胃が痛くなったりするのです。

スポンサードリンク

殺菌力の強さが刺激に

アリシンには殺菌効果があり、それは非常に高く、体調によっては体にとって強い刺激となります。玉ねぎを切った時に香るツンとした玉ねぎ特有の香りもアリシンによるもので、元は「硫化アリル」という成分の一つです。

硫化アリルは刺激が強いものの健康に良い成分で、血液をサラサラに保って血栓ができるのを防ぎ動脈硬化や脳梗塞を防いだり、強い抗酸化作用もあるのでアンチエイジングにも効果的なものです。

そういった効果や殺菌効果は非常に高く、その分刺激も強いものになっているので時に胸焼けや腹痛などの症状を引き起こしてしまうのです。

スポンサードリンク

生の玉ねぎはアリシンが多い

アリシンは特に生の玉ねぎに多く含まれています。玉ねぎを切った時に目にしみるのもアリシンのせいなのですが、火を通した玉ねぎはツンとした香りや目にしみることが無いと思いませんか?

アリシンは熱に弱く、加熱することによって壊れていきます。そのため胸焼けや腹痛などの症状が心配な方は、生ではなく加熱した玉ねぎを食べるのがおすすめですよ。

スポンサードリンク

玉ねぎによる胸焼けを防ぐには

食べ過ぎると胸焼けや腹痛などの症状が起きてしまう玉ねぎですが、多量に摂取しなければあまり心配はありません。できるだけ玉ねぎによる胸焼けを防ぐ場合は、下記のポイントに気をつけてみましょう。

生で食べすぎないこと

体にとって刺激となってしまうアリシンは、先ほどもお話したように「熱に弱い」性質を持っています。加熱すれば刺激は弱くなりますが、生の場合はほとんどのアリシンが残った状態ですので食べ過ぎには注意です。

玉ねぎは生でサラダにしたりドレシングに使うこともありますが、食べ過ぎは胃や腸の刺激となってしまいますので量に気をつけてくださいね。

スポンサードリンク

体質によっては加熱すること

また、その時の体調を見て加熱することも大切です。風邪を引いていて免疫が落ちている時や、お酒を飲んだ次の日などは胃腸が弱っているので中で生で食べるのは控えるようにしましょう。

症状が酷い場合は

万が一玉ねぎによる腹痛や下痢などの症状が出た場合は、病院にかかるのも手段の一つですよ。

病院で受診しよう

しばらく食べるのをやめれば症状はおさまりますが、あまりにも酷い時には病院を受診するようにしましょう。そうあらないためにも、生で玉ねぎを食べる時は量に気をつけて食べ過ぎないようにしてくださいね。

スポンサードリンク

まとめ

玉ねぎによる胸焼けの原因とその対処法についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?玉ねぎのツンとした香りや目にしみる元となっている「アリシン」という成分が胸焼けや腹痛の原因になることがわかりました。

生の場合は特に刺激がそのまま届くので、心配な方は加熱した玉ねぎを食べるようにしてみてくださいね。また、適切な量であれば胸焼けすることはあまりありませんので、心配しすぎず生で食べる量に気をつけるようにしてみてください。

スポンサードリンク