オクラにアレルギーはある?どんな症状?

特定の食品を食べることで引き起こす「食品アレルギー」。持っている方いない方、それ俺の体質によって異なりますが、場合によっては命取りになるので怖いものです。

今回着目したのは、ねばねば野菜の「オクラ」によるアレルギーです。粘り気がアレルギー反応を起こしそうな気もしますが、どうなのでしょうか?

私の家族には救急車に乗っている人がいるのですが、ちょうど先日食品アレルギーを起こした方を運んだと聞きました。初めは軽症でも、徐々に重症化することもあるので侮れないそうです。

それでは、「オクラによるアレルギー」をテーマとしてその症状や原因をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

オクラのアレルギー

そもそもオクラにはアレルギーがあるのでしょうか?食品アレルギーというと卵や乳製品などが多いですよね。

聞き慣れないがゼロではない

「オクラアレルギー」はあまり聞くことがありませんが、「ゼロではない」と言えます。オクラでアレルギー反応を起こす方はそう多くはないですが、全くないわけではないというところです。

同じく粘り気のある野菜に「山芋」がありますが、山芋アレルギーを持った方はたくさんいらっしゃいます。オクラを食べることによってアレルギー症状が出てしまう場合も、粘り気に反応することが多いようです。

スポンサードリンク

生で食べると発生しやすい

特に「生のオクラ」を食べた時に発生しやすいと言われています。オクラのねばねば成分は「ペクチン」という水溶性の食物繊維でできています。

このペクチンからの刺激が大きい時にアレルギー症状が発生しやすいのですが、加熱したオクラと生のオクラでは生の方が食物繊維が強く含まれています。

加熱することによって食物繊維が柔らかくなり、食べた時の刺激も和らぎます。そのためオクラでのアレルギーを気にされる方は、生のままではなく加熱すると良いでしょう。

アレルギー症状

では、実際に起こるオクラのアレルギーにはどのような症状があるのでしょうか?

スポンサードリンク

唇や口の中が痒くなる

一番に考えられるのは「唇や口の中が痒くなる」症状です。これは山芋アレルギーの方も同じで、粘り気成分によって引き起こされます。

この症状は「口腔アレルギー症候群」とも呼ばれ、早ければ食べてから数分後には発症します。唇がしびれるような感覚になったり、口の中が痒くなったりするのです。

このような症状が現れたら水でよく口をすすぎましょう。時間と共に症状が軽くなっていくことが多いです。

ちなみに、食品アレルギーには酷くなると「アナフィラキシーショック」というショック状態を起こす場合もありますが、それほど酷い時は救急要請が必要となります。

表面の産毛でかぶれる

オクラによるアレルギー反応はねばねば成分が関係しているとお話しましたが、オクラの表面に生えている「産毛」が原因になることもあります。

よく見るとオクラの表面には白くてツンツンとした産毛が生えています。この小さく手短い産毛が口の中を刺激して、痒みを引き起こすことがあるのです。

そのため下処理段階で「板ずり」と言って産毛を取り除く作業が必要になります。方法は簡単で、オクラに塩をまぶしたらまな板に擦り付けるようにしてゴロゴロと転がします。

こうすることで表面の産毛が取れ、つるんとしたオクラになるのです。アレルギー反応を起こさないためにも一手間加えてみましょう。

スポンサードリンク

アレルギーかも?と思った時は

自分は食品アレルギーを持っていないから大丈夫!と思っていても、突然起こることもあるのが食品アレルギーです。

もしかして?と思ったら、病院でチェックすることもできますよ。

病院でアレルギー検査を受けよう

病院ではだいたい40項目ほどのアレルギー検査を受けることができます。血液検査や簡単なパッチテストでできるもので、食品をはじめ犬や猫、ハウスダストなどにアレルギーを持っているかどうか確かめられます。

事前に知っておくことで食べた時のリスク回避ができる上、今まで知らなかった自分のアレルギーを知るのは今後過ごしていく上でとても便利です。

最近受ける方も増えてきているそうなので、ぜひご自身のアレルギーがないかどうか調べてみてください。

スポンサードリンク

まとめ

オクラのアレルギー症状についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?オクラにもアレルギー反応があることを初めて知った方も多いのではないでしょうか。

症例は少なく、きちんと下処理していたり加熱して食べていれば起こる可能性は低いものです。けれども万が一発症してしまった場合は、口をよくゆすいで様子を見るようにしてくださいね。

スポンサードリンク