メロンの保存方法まとめ|冷蔵・冷凍・常温での保存期間の目安はどのくらい?

一年に一度食べるか食べないか…甘くて美味しいけど値段が高くて目にすることが少ないメロン。贈り物で頂いたり、思い切って奮発したり、あるいは回転寿司のデザートとして食べることもあるかもしれません。そんな貴重なメロンだからこそ、美味しく長く楽しみたい!

そこで今回は、メロンが長く美味しく食べられるよう保存方法と目安期間を冷蔵・冷凍・常温の3種類でまとめました。

内容を是非参考にしてください!

スポンサードリンク

メロンってどんな果物?

 

分類

ウリ科

原産地

インド

由来

西方に伝わった品種群をメロンと呼んだ

英語でいうと

melon

別名

Cucumis melo

通年

メロンは温室栽培なので年間を通して市場に出回ります。品種によっては暖かい時期が旬のものもあります。また、輸入メロンも多くありますが、日本でも栽培されています。なかでも、茨城や北海道は多くメロンを栽培出荷しています。地名のつくメロンの品種で夕張メロンが有名ですよね!

メロンの効能

カリウムが豊富でむくみや高血圧の予防に効きます。肥満防止や疲労回復、夏バテ防止、美肌効果もあります。メロン成分のギャバには気持ちを落ち着かせる「抗ストレス作用」があります。アドレナリンやドーパミンなど興奮系の神経分泌物質を抑制し、脳内の興奮を鎮め、平常心を保つ手助けをしてくれますので、リラックス効果、精神安定作用もあります。

スポンサードリンク

鮮度のいいメロンの見分け方

メロンを購入する時に鮮度のいいものを選んだ方が日持ちします。そこでポイントを紹介します。

鮮度の良いメロンの見分け方2つのポイント

  1. 表面の網目模様が細かい
  2. おしりが柔らかいものは食べごろ

メロンの食べごろはわかりにくいですが、おしりが柔らかいというポイントさえ押さえておけば食べる時期がわかります。

熟しすぎてしまうと美味しさも落ちてしまうので、食べごろに時期に判断ができるといいですよね!

メロンを使ったレシピ

メロンが大量に余って仕方ない!なんてことはあまりないかもしれませんが、メロンをより美味しくいただくためのレシピを紹介します。メロン本来の味を楽しみながら、目で見て楽しめるレシピはフルーツポンチです。メロンをまん丸にくり抜き、スイカやブルーベリーなど色とりどりの果物と混ざることで、見た目にも美味しいフルーツポンチになります。

メロンを使ったフルーツサンドもオススメです。

生クリームと一緒にサンドすれば、ボリュームのあるデザートサンドイッチに。爽やかなグリーンが可愛い見た目になります。

そのまま食べても美味しいメロンですが、長く日持ちさせるために、最も良いとされる保存方法を保存期間の目安を冷蔵・冷凍・常温の3種類で紹介していきます。

スポンサードリンク

冷蔵で保存する場合

 

メロンを冷蔵で保存する場合最も適した方法を紹介します。

 

保存期間の目安

冷蔵庫での保存期間の目安はカットした状態で2〜3日です。

丸ごと1つを冷蔵庫で保存する場合は追熟してから冷蔵庫に入れるようにしましょう。冷蔵庫に入れると追熟しなくなってしまいます。

冷蔵庫での保存方法

  1. カットしたら種とワタを取り除きます
  2. 切り口とくぼみの部分にぴっちりラップをして冷蔵庫で保存します

冷凍で保存する場合

メロンを冷凍で保存する場合最も適した方法を紹介します。

保存期間の目安

冷凍庫での保存期間の目安は2ヶ月です。

冷凍庫での保存方法

  1. 種とワタ、皮を取り除き一口大に切ります
  2. 冷凍庫用保存袋や容器に入れて冷凍庫で保存します

スポンサードリンク

常温で保存する場合

メロンを常温で保存する場合最も適した方法を紹介します。

保存期間の目安

メロンを常温で保存する時の目安期間はメロンの状態によりますがだいたい2〜3日です。

メロンは収穫してから追熟させて完熟になった頃が食べごろです。追熟期間は収穫から1週間ほど。出荷や店に並ぶ期間を考えると大体2〜3日で食べごろになります。

常温での保存方法

20〜25℃の冷暗所にて追熟させる。完熟後は非常に賞味期限が短くなるのでなるべく早めに食べてしまいましょう。

まとめ

今回はメロンについて冷蔵・冷凍・常温のそれぞれの保存期間と保存方法についてまとめました。

  • 冷蔵の場合の保存期間 2〜3日
  • 冷凍の場合の保存期間 2ヶ月
  • 常温の場合の保存期間 2〜3日

上記からもわかるように、メロンは冷凍保存する以外は日持ちしない果物だとわかります。また、収穫してからの追熟期間もあるので購入してからはメロンの様子を見ながら食べる判断をするのが良さそうです。1番の判断基準はメロンのおしりが柔らかくなった時です。

このタイミングで食べてしまうか、食べやすくカットし冷蔵庫や冷凍庫で保存しましょう。

この記事の内容を参考にして、美味しいメロンを最後まで味わってみてください!