レタスにもアレルギーがあるの?症状は?対処方法は?

ダイエットにも効果抜群、食卓の彩にもなる野菜、レタス。他の野菜と比べても小さな子どもでも食べられることが多く、あまり好き嫌いの気にならない野菜と言えます。しかしクセが少ないからと言って、安心はできません。レタスでもアレルギーになることがあるのです。そこで今回は、あまり知られていないレタスのアレルギーについてまとめてみました。

スポンサードリンク

レタスにもアレルギーがある?

一般的に食べ物アレルギーと聞くと卵や小麦粉を想像しがちですが、レタスでもアレルギーになる可能性は十分あるのです。

ごく稀だがアレルギーがある

レタスは仮性アレルゲンと呼ばれるものを持っています。まずはそもそも仮性アレルゲンとは何かを説明していきます。例えば食物アレルギーは一般的に、食べたものに対して体が免疫反応を起こし、そこで放出された化学物質がアレルギー症状を引き起こすものです。しかしそこで放出される化学物質に似た物質が、食べ物自体に含まれている場合があり、体に直接作用してしまうのです。これが仮性アレルゲンです。

ここで最近話題となっているのが、「花粉―食物アレルギー症候群」です。これは先ほどの食物アレルギーの例と同じく、花粉症の原因物質(アレルゲン)に似た物質が野菜に含まれていて、体に作用してしまうものです。レタスはヘーゼルナッツ、とうもろこし、ピーナッツ、リンゴ等と同様、プラタナスの花粉と関連性があります。つまり、プラタナスにアレルギー反応を示す人はレタスにもアレルギー反応を示しやすいのです。

一般的にはアレルギーが起こりづらい

しかしレタスは一般的にアレルギーを起こしづらいと言われています。アレルギーを起こしやすい物質、起こしにくい物質が分かるように振り分けられた食物抗原強弱表というものがありますが、5段階評価のうちレタスは一番低い抗原度1に振り分けられています。同じ抗原度1に振り分けられている野菜は大根、チンゲン菜、小松菜、白菜などがあります。ちなみに一番段階の高いものとしては、トマト、ほうれん草、なす、ごぼうなどがあります。

他のアレルギーに誘発されて発症する場合も

先ほど花粉症との関連を説明したように、花粉症を発症することでレタスアレルギーが誘発される場合があります。花粉症はいつ発症するか分からないアレルギーとして知られていて、実際に「去年までは何ともなかったのに今年は花粉症で大変・・・」なんて声も良く聞くと思います。それと同時に野菜や果物による口腔アレルギー症候群も成人のアレルギーで最も多いと言われていて、花粉症になったことで野菜でもアレルギー反応を起こすようになることが少なくないのです。

スポンサードリンク

レタスの主なアレルギー症状

では実際にレタスアレルギーになった場合はどのような症状が出るのでしょうか。

口内やのど、唇のかゆみや腫れ

レタスを食べた後5分以内にのどや口の中にひりひりとした痛みを感じたり痒みを感じます。また、舌や歯茎、唇、頬の内側など、口腔内が赤くなったり腫れてしまったりします。

レタスアレルギーの対処方法は?

レタスを食べた後に口の中に違和感があれば、症状はひどくなくてもレタスアレルギーの可能性があります。その際の対処法をまとめてみました。

他の食物や花粉症で誘発されていることがある

花粉症の発症に伴って口腔アレルギー症候群を発生することも多くあります。これは簡単にいえば、花粉に対抗しようとして体が作った抗体が、その花粉と似ている成分を持つ野菜にも反応してしまっている状態です。そしてこの抗体に反応してアレルギー反応が出るのです。これは逆に言えば、花粉症の治療をすることでレタスアレルギーの改善が期待できるということですつまり花粉症の症状がひどい場合は先に花粉症の治療をすると、野菜に対するアレルギーも一緒に無くなる可能性があるということです。

何に対してアレルギーか検査をする

レタスと共に食べた他の食材や調味料にアレルギー反応が出ている可能性や、食事以外の要因でアレルギー反応が出ている可能性もあります。自己判断には限りがあるので、少しでも違和感を感じたらお医者さんに相談するようにしましょう。何に対してどのようなアレルギーを起こしているか正しい状況を知ることで、改善につながります。

まとめ

今回はレタスのアレルギーについてまとめてみました。アレルギーを起こす可能性が低いと言われている野菜だからこそ、アレルギーだと気が付かない場合もあります。可能性がゼロではないので、少しでも違和感を感じたらひどくなる前にお医者さんに相談してみるのがよいでしょう。

スポンサードリンク