きゅうりの重さはどのくらい?1本あたりの重さは?MサイズLサイズ比較

「きゅうりの重さはどのくらいあるの?MサイズとLサイズは規格が決まっているの?重さと比較を教えてください。」
本記事は上記の悩みに答えていきます。きゅうりはそれぞれ重さが個体によって異なりますし「MサイズなのかLサイズなのか知りたいけど分からない」なんて事はよくありますよね。

私はきゅうりを購入するとき、重さをチェックしますがどれもバラバラで選ぶのが大変に感じます。今回はきゅうりの重さとMサイズとLサイズの比較を本記事にて解説していきます。

きゅうりを選ぶ際や重さをチェックする際に参考にしてみてください。

スポンサードリンク

きゅうりの規格サイズはどのくらい?

きゅうりは水分の多い野菜で、全体の95%が水分で出来ています。それではきゅうりの規格サイズはどのくらいなのでしょうか。きゅうりは、どれも大きさが異なりますよね。規格サイズを覚えておくと購入する際に目安になるので便利ですよ。

Mサイズ

Mサイズのきゅうりの大きさは、奥行き19〜22センチのものを指します。

一般的にスーパーで見るサイズのきゅうりの大きさです。きゅうりはまっすぐ伸びている個体もあれば、形が湾曲している個体もあり、形もそれぞれです。奥行きでは、分かりにくいかもしれませんがきゅうりのMサイズの価格は覚えておくと良いでしょう。

Lサイズ

きゅうりの Lサイズの大きさはどのくらいのものを指すのでしょうか。Lサイズは奥行きが22~25センチのものを指します。LサイズのきゅうりはMサイズに比べると長さだけでなく幅や高さも大きくなる傾向にあります。

きゅうりはサイズによって値段が決められていることが多いですが、自分で選べる場合には大きめの Lサイズを選ぶようにしましょう。

スポンサードリンク

きゅうり1本の重さ、重量は何グラム?

きゅうりのサイズはそれぞれ異なりますが、比例して重さも個体によって異なります。きゅうりに限らず食材には食べられる部分の可食部があります。

全て食べられそうなきゅうりですが、両端は基本的に食べられません。両端の廃棄物は全体の約2%と言われていおり、きゅうりの重さは廃棄物も含めて計算をします。きゅうりの重さについても覚えておきましょう。

Mサイズ

Mサイズのきゅうりの重さは規格で80〜110gと決まっています。

生で食べる際にもちょうど良い大きさと重さです。Mサイズの重さのきゅうりはよく何本かセットで販売されている事が多いです。

Lサイズ

Lサイズのきゅうりの重さは、規格で110~140gと決まっています。

重さがMサイズに比べると最大で約1.8倍ほど異なります。MサイズとLサイズのきゅうりは手にしただけで一目瞭然です。

Lサイズのきゅうりは重さもあるので、食べ応えもある一本単位で販売されている方が多いです。

スポンサードリンク

海外のきゅうりは桁違いの多いさ

日本でよく見るきゅうりはMサイズとLサイズがほとんどです。それぞれ大きさは異なりますが、そこまで大きな差はありません。

日本ではある程度の大きさになったらきゅうりを収穫しますが、海外のきゅうりは日本よりも大きく太いものがポピュラーです。海外のきゅうりはタネがしっかり入っていますが、日本のきゅうりはタネが大きくありません。

海外ではタネをほじってから食べますが、日本はタネを取らずにそのまま食べます。文化の違いではありますが、きゅうりは食べる人や料理する人のことを考えたキュウリのサイズになっているのです。

スポンサードリンク

まとめ

きゅうりの重さとMサイズとLサイズの比較について解説してきました。きゅうりは重さや大きさは規格で決められています。

規格
  1. MサイズとLサイズは大きさと重さが決められている
  2. 海外のきゅうりは日本よりもはるかに大きい
  3. 食べる人や料理をする人のことを考えてサイズが決められている

上記3つを意識して、きゅうりを選ぶようにしてください。

スポンサードリンク