きゅうりの主な栄養を5つ解説・期待できる4つの効果効能とは?

「きゅうりには栄養がないって言われているけど本当なの?実際にきゅうりの栄養はどんなものがあるの?栄養素と期待できる効果を負いえて下さい。」

本記事は上記の悩みに答えていきます。

きゅうりを食べる際には、「しっかりと栄養素や効果を理解してから食べたい」という気持ちになるのも分かります。

 

私はきゅうりの栄養素について知りませんでしたが、理解してからさらにきゅうりが好きになりました。

今回はきゅうりの主な栄養素と期待できる効果や効能について、本記事似て解説していきます。

安心してきゅうりを食べるためにも、早速見ていきましょう。

スポンサードリンク

きゅうりの成分表→トップをコピー

スポンサードリンク


きゅうりの主な栄養解説

きゅうりは世界で最もカロリーが低い野菜としてギネスに乗っていたことがあります。

世界で最もカロリーが低い野菜ですが、栄養がないわけではありません。

多くの人が勘違いしていますが、ここではきゅうりの栄養について解説していきます。

βカロチン

きゅうりは淡色野菜に分類されていますが、表面にはβカロテンが含まれています。

 

表面の緑色の部分に含まれていて、抗発がん作用や免疫賦活作用があると言われています。

カリウム

カリウムもきゅうりに含まれている栄養素の一つです。

カリウムは体に悪い栄養素ではありませんが、摂取しすぎるのはおすすめしません。

 

それでもきゅうりをいっぱい食べたいという人は、きゅうりを切って水に晒しておくと摂取量が少なくなります。

ビタミンC

きゅうりにはビタミンCも含まれています。

ビタミンCは多くの人が知っている栄養素の一つで、野菜や果物、サプリメントなどでよく見かけます。

 

きゅうりにはビタミンCが1本当たり1/4ほどの量が含まれています。

ビタミンCの量はそこまで多くありませんが、全くないよりはましですよね。

葉酸

きゅうりには葉酸も多く含まれています。1本で女性に必要な葉酸の1/10を摂取することが出来ます

葉酸は細胞の増殖が盛んに行われる胎児の発育に大切な栄養素として、女性に必要な栄養と言えるでしょう。

 

最近では女性の葉酸不足が問題になっているので、葉酸を多く含んでいるきゅうりは妊娠中の女性におすすめと言えるでしょう。

食物繊維

きゅうりには食物繊維も多く含まれています。

食物繊維も知名度が高い栄養素ではありますが、100kcalあたりで換算するとキャベツと同じ量の食物繊維が含まれています。

 

食物繊維を効率よく摂ることが健康への近道とも言われている栄養です。

スポンサードリンク

きゅうりを食べて期待できる効果効能

きゅうりには多くの栄養素が含まれていますが、実際に期待できる効果や効能な何があるのか気になる人も多いと思います。

ここではきゅうりを食べて期待できる効果や効能について解説します。

むくみに効果あり

きゅうりを食べて得られる効果として、 代表的なものはむくみの解消効果 です。

きゅうりは95%以上が水分の野菜です。

 

利尿効果の高い成分を含んでいる事から、むくみを取る作用があります。

むくみで悩む女性の強い味方と言えるでしょう。

身体を冷やす働きがある

身体を冷やす働きもきゅうりを食べて期待できる効果の一つです。

きゅうりは薬膳料理でも利用される、熱くなった身体を冷ましてくれます。

 

きゅうりは夏の暑い時期が旬となる野菜です。

夏祭りでよく販売されている冷やしきゅうりも身体を冷やすために作られたとも言われています。

便秘・下痢の改善

きゅうりを食べることで得られる効果として便秘や下痢の改善もあります。

きゅうりには下痢や便秘に効果的に働く食物繊維が多く含まれています。

 

食物繊維には腸内の善玉菌を増やす働きがあり、腸内の環境を整えてくれますので、便通をスムーズにしてくれる効果があります。

デトックス・美肌効果

美肌は多くの女性が憧れているものですが、きゅうりにも美肌効果やデトックス効果が期待できます。

美肌に効果的に働いてくれるのは、きゅうりに含まれるシリカと呼ばれるミネラルとビタミンCです。

 

髪や爪を強くして光沢を高める効果やコラーゲンを作り出すサポートをして弾力のある肌を作ってくれます。

肌の老化防止や修復にも役立つとして注目されています。

スポンサードリンク

まとめ

きゅうりの主な栄養素と期待できる効果や効能について解説していきました。

きゅうりは栄養のない野菜と多くの人が思っていますが、ビタミンCや食物繊維、カリウムが豊富に含まれています。

 

美肌効果や下痢や便秘の解消、むくみの解消など、きゅうりを食べて期待できる効果があります。

栄養素や期待できる効果や効能をしっかりと理解して、美味しくきゅうりを食べていきましょう。

スポンサードリンク