じゃがいもは野菜なの?それとも穀物?

みなさんが普段の食事でじゃがいもを食べているかと思いますが、そのじゃがいもは野菜と分類されない説もあることをご存知ですか?

私はこれを知った時、いちごが野菜であることを知った時くらい「え、そうなの?」と思いました。野菜と分類されない場合はなんなのでしょうか?

今回は、じゃがいもが野菜なのか穀類なのか、農作物・植物学・食品として・栄養素として見る分類方法についてご紹介します。

スポンサードリンク

じゃがいもは野菜ではないの?

じゃがいもは純粋に野菜だと思っている方がほとんどかと思います。しかし、じゃがいもの分類は複雑で様々な分類方法があるのです。

野菜じゃなければ何?と思いますよね。これには何通りかの分類方法があるのです。

スポンサードリンク

じゃがいもの様々な分類方法

では、じゃがいもの分類について冒頭で挙げた4つの分類方法を詳しくみてみましょう。

①農作物での分類

農林水産省では、野菜を「食用に供し得る草本性の植物で、加工の程度の低いまま副食物として利用されるもの」と定義し、更に下記のように5つに分類しています。

<分類> <例>
根菜類 にんじん・じゃがいも
葉茎菜類 キャベツ・玉ねぎ
果菜類 トマト・ナス
果実的野菜 いちご・スイカ
香辛野菜 生姜

これを見るとじゃがいもは根菜類の野菜として分類されています。それなら野菜ということで良いじゃないか…と思うかもしれません。

農作物の分類としては、じゃがいもは「野菜」ということになります。他の野菜と比較して違うところは、じゃがいもは糖質を多く含んでいることです。

じゃがいもは野菜と分類するのがよさそう

にんじんの糖質は100gあたり6.5g、玉ねぎは7.2gなのに対し、じゃがいもは16.3gと倍以上の数値です。これ故、純粋に野菜としての分類が難しいのかもしれません。

野菜は副食として食べられているものですが、じゃがいもには糖質が多く含まれておりエネルギー源としての役割も果たせることから、主食として食べられている国もあります。どんな国が主食としてじゃがいもを食べているかは、後ほどご紹介させていただきますね。

では次に、植物学としてのじゃがいもの分類について見てみましょう。

スポンサードリンク

②植物学での分類

じゃがいもには、植物学としての分類もあります。植物学と聞くとなんだか難しい…と思うかもしれません。植物学上のじゃがいもは「ナス目ナス科ナス属じゃがいも種」とされています。なんて長い名前なんでしょう!

つまり、じゃがいもは同じナス科であるナスやトマトの仲間なのです。じゃがいもの花とナスの花が似ていることや、じゃがいもの花が咲き終わった後にできるじゃがいもの実がミニトマトに似ていることも、仲間である証拠かもしれません。ナス目ナス科ナス属には、ナスやトマトの他、食べることができない植物も多く分類されていますので、その中に私たちがいつも食べているじゃがいもが入っているのはなんだか不思議です。

③食品としての分類

じゃがいもを食品として分類する場合もあります。この場合じゃがいもはいも類で、穀類ではなく穀物に準ずる主食となる農産物とされます。

頭の中がこんがらがってきたかと思いますが、このように分類されることもあるのです。日本は米を主食としている国ですが、ドイツやイギリス、フィンランド、アイルランドなどはじゃがいもを主食としています。

米はおかずがメインでそれと一緒に食べるものというイメージですが、じゃがいもは調理していろいろな料理に使えるのでメイン料理として主食を食べることができますよね。

スポンサードリンク

④栄養素から見る分類

最後に栄養素としての分類です。いろいろな食品の栄養成分がまとめられた食品成分表によると、じゃがいもは野菜類でも穀類でもなく「いも及び粉類」に分類されています。いも類は、「野菜の根や地下茎が養分を蓄え、肥大した組織部分もつ農作物」を言います。

また、このいも及び粉類に分類されている他の食品には、こんにゃく・さつまいも・とうもろこし・くずきり・春雨などがあります。なぜじゃがいもがこの分類にあたるのかには、じゃがいもに含まれるでんぷんに理由がありそうです。

一見全く粉感のないじゃがいもですが、加工されるとでんぷんの粉になることができます。みなさんもご存知の片栗粉です。水に溶かし熱を加えると固まる性質のあるでんぷんですが、実はほとんどがじゃがいもから生成されています。

かつては、カタクリという植物を粉にして使っていたでんぷんですが、最近ではじゃがいもが原材料のものが多いようです。

この観点からすると、じゃがいもが「いも及び粉類」に分類されることに納得がいくかもしれません。

結局どの分類が正しいの?

4つの分類からじゃがいもをみましたが、結局どの分類が正しいかというと、実際は難しく曖昧のようです。

これまで野菜だと思ってきたじゃがいもは、はっきりと「野菜である」と言いづらいことがわかりましたが、各分類を詳しくみてみると、それぞれ納得できる説ではありました。

野菜という1つの分類にこだわらず、様々な分類があるものとして見ることが必要なのかもしれませんね。

スポンサードリンク