このじゃがいも腐ってる?変色・ぶよぶよ・臭い・カビ!食べられるラインは?

いろいろな料理に使える万能なじゃがいもですが、腐らせてしまった経験、一度はありませんか?つい買いすぎてしまい、気づいたらカビが…色が変わっていた…なんてことがあるのではないでしょうか?

私はお買い得なパックを買って使い切れず、気づいたらじゃがいもの表面がぶよぶよで、カビ臭さまで発生させてしまったことがありました。今思えば暖かい部屋で保存していたのが良くなかったのかもしれません。

今回は、腐ってしまったじゃがいもの特徴、変色・カビ・臭いや、腐る原因についてご紹介します。

スポンサードリンク

じゃがいもが腐ると

じゃがいもを腐られてしまったことがある方は、これから挙げる4つの状態のどれかが当てはまるのではないかと思います。カビが生えるほか、色が変化したり、感触が変化したりと、いくつか種類があります。それぞれ詳しく見てみましょう。

赤(ピンク)に変色

じゃがいもは赤いような、ピンクのような色に変色することがあります。これは、じゃがいもが育つ過程で土の温度の低温状態が続くと起こります低温障害と呼ばれるこの現象ですが、りんごやいちごが赤くなるのと同じで菌や酸化ではありませんので食べても特に問題はありません

スポンサードリンク

黒・紫に変色

じゃがいもを使おうとして切ってみたら、中が黒や紫色になっていたことはありませんか?こちらも私自身経験したことがあるのですが、じゃがいもに含まれるポリフェノールに原因があります

じゃがいもには健康に良いとされるポリフェノールが含まれているのですが、黒や紫色なのは褐変(かっぺん)反応というポリフェノールが酸化したことによります。

じゃがいもの褐変には、チロシンというアミノ酸の一種が関係しています。チロシンが空気に触れて酸化されることで「メラニン」と呼ばれるものが発生します。これが変色している元となっているのです。

メラニンは、お肌のしみやそばかすの原因として聞き馴染みのある方もあるかと思いますが、この作用と同じことがじゃがいもにも起きてしまいます。

メラニン自体に毒性はありませんが、食べても美味しくないですので、下処理段階で取り除くようにしましょう

ぶよぶよになっている

続いて感触がぶよぶよになってしまう状態です。ぶよぶよしていて更に芽も出ていた、なんて経験もあるかもしれません。

じゃがいも本来の硬さが失われ、押すと柔らかいのは、じゃがいもから水分が抜けてしまいしぼんでいる状態です。

ただ水分が剥けた状態だけなら、風味は落ちていますが食べることはできます。しかし、ぶよぶよの他に変な臭いがする・汁気が出ている・黒っぽく変色していることがありましたら要注意です。傷み腐ってしまっているサインですので、破棄するようにしましょう。

白いカビが生えてる

じゃがいもにカビが生えると白くなります。特に芽のある窪んだ場所に生えやすいので、よく見て削り取るようにしましょう。

また、高温多湿の場所で保管するとカビが生えやすくなってしまいますので、保管場所にも注意が必要です。できるだけ涼しく、湿度の低い場所で保管するようにしてください。

スポンサードリンク

じゃがいもの腐る原因は何?

では、じゃがいもが腐る原因は何にあるのでしょうか。2つの原因を見てみましょう。

乾燥や湿気 

じゃがいもは乾燥しすぎても多湿すぎても傷んでしまうものです。できるだけ多湿の場所は避け、涼しい場所で保管してください。

特に夏場は湿度がグンと上がり室内も暑くなりますので、冷蔵庫での保存がおすすめです。その場合は、低温障害を起こさないように小分けにしてキッチンペーパーで包み、ポリ袋に入れ野菜室で保存してください。

少し手間ではありますが、じゃがいもを美味しく保管するための大事なポイントです。

スポンサードリンク

日光の当てすぎ

じゃがいもは本来土の中にいるので太陽の光に慣れていません。家で保管する際、日当たりが良過ぎる場所に置いておくと傷みがすすむ原因となります。

日に当たると光合成が始まり、有毒物質であるソラニンという成分が生成されます。そうすると皮は緑色に変色し、芽もニョキニョキと伸びてしまいます。ソラニンを摂取することは、いくつかの食中毒症状を起こす原因になってしまいますので、できるだけ綺麗な状態で保管するようにしましょう。

常温で保管する場合は、紙袋や新聞紙などの湿気を吸収する素材で包んでおくのがベターです。ダンボールに入れて保管しておくのも良いでしょう。

まとめ

じゃがいもの腐る原因や、変色についてご紹介しましたが、どれか一つでも経験したことがあったのではないでしょうか?

家庭での保管方法によっては、腐らせることなく綺麗な状態でじゃがいもを保管しておくことも可能です。たくさん買って使うのがちょっと先になる時や、夏場など食べ物が傷みやすい季節には、是非この保存方法を試してみてくださいね。

スポンサードリンク