大根の部位の特徴と部位別のおすすめレシピ

千切り大根

「大根を使って料理をしようと思ったけど、部位によって味は違うの?特徴と部位別のレシピを教えてください。」
大根の部位によって味が変わるのであれば「料理によって使い分けをしたい」という気持ちになるのも分かります。私は大根の部位の特徴を理解してから、より美味しく大根を食べられるようになりましたよ。

そういった経験から大根の部位の特徴と部位別のおすすめレシピについて分かりましたので、本記事にて解説していきます。

美味しく大根を食べるためにも、早速見ていきましょう!

スポンサードリンク

大根の部位別三か所の特徴

大根は大きく分けると部位別で三カ所に分けることができます。大根の部位別でどんな特徴があるのでしょうか。

それぞれ特徴が異なるので、ここでは大根の三カ所の特徴をご紹介します。

 上の部分:最も甘く食物繊維が豊富 

大根の上の部分は葉に近い部分を指します。葉に近い部分は、食物繊維が豊富に含まれていて、甘みが強く硬さもあります。

上の部分は特に食物繊維が豊富なので、便秘改善にも効果的、女性にも嬉しいポイントですね。

辛い大根が苦手な人は、甘みが強い上の部分を食べると良いかもしれません。

 真ん中の部分:甘さと辛さのバランス 

大根の中央部の真ん中の部分は全体の割合を大きく占めています。真ん中の部分は、甘みと絡みのバランスが取れているという特徴があります。

大根自体の硬さも味も丁度よく、ムラが出ることがありません。バランスが良いので、どんな料理にも使用しやすいという特徴があります。

 下の部分:辛味が強く水分量は一番少ない 

大根の下の部分は、最も地面に近い部分です。下の部分は繊維質がしっかりとして、水分量も少ない特徴があります。

味は辛味が強く、大根にしてはクセを感じやすい部位でしょう。辛味の強い大根が好きな人には堪りませんね。

スポンサードリンク

大根の部位別三か所それぞれのおすすめのレシピ

ここでは大根の部位別三カ所、それぞれのおすすめレシピを紹介します。

料理を作る際にしっかりと大根の部位で使い分けをして美味しく大根料理を楽しみましょう。

 上の部分:サラダや大根おろしなどの生食 

上の部分はサラダや大根おろしなどに向いています。上の部分は甘みが強く、硬さもしっかりとしているので、シャキシャキ食感を楽しむことができます。

上の部分は生食に向いています。大根のおすすめサラダのレシピを紹介します。

  • 大根は皮を剥いて切り口を下にしてずらしながら千切りにする
  • 切った大根を冷水に5分ほどつけておく
  • 好きな野菜を切って大根と混ぜ合わせる
  • ドレッシングをかけて完成

大根を冷水につけておくことで、パリッとした食感を楽しむことができます。

 真ん中の部分:おでんやブリ大根といった煮物 

真ん中の部分は、おでんやブリ大根、ふろふき大根など煮物に剥いています。硬さや甘味などバランスが良いので、煮物系にすると良いでしょう。

  • 大根と生姜はよく洗って水気を取る
  • 大根は皮がついたまま3センチほど半月切りにする
  • 鱗をこそげ落とし、5センチ幅に切る
  • 鍋にブリと大根、生姜を入れて具材が浸るくらい水を注ぐ
  • 煮たったらアクと泡を取り除く
  • 砂糖と醤油とみりんを加えて味を染み込ませる

大根に隠し包丁をすることで、味が染み込みやすく料理の時短になります。

 下の部分:お味噌汁や漬物 

下の部分は筋が多く辛味が強い特徴があります。比較的味が濃い料理にマッチします。

味噌汁や漬物にすると美味しく食べることができますが、大根おろしやサラダなど辛味が好きな人には生食も可能です

大根の味噌汁と漬物のレシピを紹介します。

  • 大根は短冊切りにしておく
  • 鍋に水を入れ中火にかける
  • 沸騰したら大根とワカメを投入する
  • 一煮立ちしたら出汁を加えて、弱火で味噌を溶く
  • 一煮立ちしたら完成

大根を短冊切りにすることで、味噌汁の味を染み込みやすくできます。ワカメを入れる際には戻しすぎると溶けてしまうので注意しましょう。

大根の漬物は簡単に作れるので、余った大根の下の部分で漬物を作ると良いでしょう。

  • 大根の皮を剥いて適当な大きさに切る
  • お酒と塩、砂糖とお酢で素をつくる
  • 大根を漬物の素に浸して冷蔵庫で1日ほど寝かせる

味付けの濃い漬物が食べたい人は寝かせる時間を伸ばすと良いでしょう。好みによって漬物の濃さを変えてみてください。

スポンサードリンク

まとめ

大根の部位の特徴と部位別のおすすめレシピについて解説していきました。大根は部位によって味が変わり、それぞれ部位によっておすすめレシピも異なります。

  • 大根の上の部分は甘みが強く硬さもありサラダに向いている
  • 大根の真ん中の部分はバランスが良く煮物に向いている
  • 大根の下の部分は辛味が強いので味噌汁や漬物に向いている

大根を美味しく食べるためにも部位の特徴を理解して、部位に合わせた料理をしてみてください。

スポンサードリンク