チンゲンサイは生で食べられる?そのまま食べて辛味・/えぐみは大丈夫?

炒めものによく使われている野菜に「チンゲン菜」があります。みなさんも化熱調理して食べることがほとんどかと思いますが、チンゲン菜は生で食べることはできるのでしょうか?

なかなか生食のイメージがない野菜ですが、どう思いますか?今回は、

  • チンゲン菜は生で食べられるのか
  • 生食で食べるメリット
  • 辛味やえぐみが気になる時は
  • 生チンゲン菜を使ったオススメ料理

この4つのテーマに沿ってについてご紹介します。

スポンサードリンク

チンゲン菜は生で食べられる?

チンゲン菜を使った料理と言えば、おひたしや炒め物を想像しますよね。「生のチンゲン菜」を食べることはあまりないかもしれませんが、実際のところ食べても大丈夫なのでしょうか?その答えを見てみましょう。

そのまま生食できる!

その答えは、「アスパラガスは生でも食べることができます」!意外と感じた方が多いのではないでしょうか?チンゲンサイは茎の部分の繊維質が強いので、生で食べたら噛み切れないのでは?青々しくて美味しくないのでは?など疑問が浮かびますよね。

スポンサードリンク

チンゲンサイを生で食べるメリット

では、わざわざ生でチンゲンサイを食べることによって、どんなメリットがあるのでしょうか?美容や健康を気にかけている方は必見のメリットがありますよ。

栄養をまるごと摂れる!

チンゲン菜にはビタミンC・葉酸・カルシウム・βカロテン・鉄分など様々な栄養素が含まれていますが、これらの栄養素は加熱することでパワーが弱くなってしまいます

特に美肌の元とされるビタミンCは、熱に弱いので加熱調理すると十分にその効果を得ることができません。

POINT

加熱しなければ栄養素を壊さないので、まるごと摂ることができる

栄養素をあますことなく摂取したい場合は、生の状態で食べるのが一番効果的ですよ◎

スポンサードリンク

辛味やえぐみが気になる場合

しかし、生のチンゲン菜を食べてみたら「辛味やえぐみが口の中に残った!」なんてこともあるかもしれません。チンゲンサイは少しですが辛味を感じることもある野菜なので、生の状態だとそれが気になってあまり美味しいと思わない場合もあります。そんな時には、このような対処法がありますよ。

さっと茹でると口当たりが◎

生で食べてみて辛味・えぐみを感じる場合は、さっと茹でることで味も柔らかく口当たりがよくなります

注意

茹で過ぎると栄養素が壊れるのでサッと茹でる!

栄養素をあますことなく食べることが目的なので、茹で時間はかなり短く、軽く湯がく程度に抑えましょう。

スポンサードリンク

生で食べて体に悪いことは?

なかなか「生のチンゲンサイ」を食べる機会は普段ないかもしれませんが、生で食べることによって起こるデメリットなどはないのでしょうか?チンゲンサイを生食する際の注意点を見てみましょう。

食べ過ぎに注意

生のチンゲン菜には食物繊維が豊富に含まれていますので、食べ過ぎには注意が必要です。食物繊維は本来、腸内に幡羅機かけて便通をよくする役割がありますが、過剰に摂取してしまうと下痢などのトラブルに繋がることもあります。消化不良になるので、食べ過ぎには気を付けましょう。

甲伏線の機能低下に繋がる可能性

甲状腺ホルモン剤を飲んでいる方は注意が必要です。チンゲン菜をはじめとするアブラナ科の植物には「グルコシノレート」という成分が含まれており、これはが体内で「ゴイトロゲン」という成分に変化します。

注意

ゴイトロゲンは過剰に摂取してしまうと甲状腺ホルモンを分泌できなくなり、甲状腺機能低下症などの病気を引き起こす可能性がある

このようなトラブルの可能性もゼロではありませんので、甲状腺の調子が元々よくない方は気をつけてください。

スポンサードリンク

生食におすすめの食べ方

生のチンゲン菜を使った料理には、どんなものがあるのでしょうか?オススメの食べ方を2種類ご紹介いたします。

サラダ

美容面に気を使っているので「サラダ」が食べたい…!!という方には、チンゲン菜のサラダもオススメです。ベーコンやゆで卵・お好みの野菜とあわせます。チンゲン菜にはビタミンやβカロテンが豊富に含まれているので、美肌にも効果的です◎

スムージー

朝の忙しい時や、一度でビタミン補給をしたい時にはスムージーがオススメです。ベースとなるバナナは甘みを出してくれるので必須です◎その日ある果物や野菜を入れてビタミンチャージしましょう◎

スポンサードリンク

まとめ

チンゲン菜は生で食べられる?」というテーマに沿ってご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

この記事をまとめると

  • チンゲン菜は生で食べると栄養素をまるごと摂取できる
  • 注意すべきは、食べ過ぎと甲状腺のトラブル

チンゲン菜はあまり生で食べるイメージがありませんが、栄養素をあますことなく摂りたい時にはオススメですよ。スムージーはバナナの甘みで辛味やえぐみをカモフラージュできるので、是非試してみてくださいね。

スポンサードリンク