お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

なすの栄養って?知られざる効能とは?

   

夏野菜のなす、栄養はあるの?

なすは、インドを原産とし、中国を経て日本へ伝わってきたと言われています。
そして、初夢に見るとよいもの「一富士二鷹三茄子」のひとつとして、昔から縁起が良い野菜とされています。
なすの種類は豊富で、国内でも180種類以上あるそうです。

051206
1年中比較的安定した価格で手に入る身近な存在ですが、旬は7月から9月であるため、夏野菜として親しまれています。

そんな「なす」ですが…栄養と言われても、ピンとこないかもしれません。

なすは約94%が水分です。ほぼ水分と糖質から成る野菜であるため、低カロリーではありますが、特に際立って栄養素やミネラルが含まれているわけではありません。
もちろん全く栄養がないのではなく、中でもカルシウムはやや多めですが、栄養素の摂取を目的とするならば少量でもっと摂取できる食品もたくさんありますので、残念ながら栄養の面ではなすにはあまり期待できないというところです。

しかし、なすにしかないものがあります!その名も「ナスニン」
「ナスニン」ってなんでしょう?なすのゆるキャラではありませんよ?

SPONSORED LINK


なすに含まれるナスニンとは?ナスニンの効能とは?

051207 「ナスニン」とは、あの艶やかな紫色の色素です。ポリフェノールの一種でもあります。
このナスニンは強い抗酸化作用をはじめ、いろいろな効果が期待できる優れもの。
代表的なものをご紹介しましょう。

 

◎抗酸化作用

私達の体の中には、活性酸素という有害な成分が増え続けています。活性酸素はストレス、食品添加物、紫外線などいろいろなものを原因として増え、現代の日常生活で防ぐことは不可能と言われていますが、ナスニンはこの有害成分の働きを減少させる、つまり抗酸化作用があるのです。

また、活性酸素が原因となる免疫力の低下や、老化を進行をナスニンの働きにより抑えることができます。抗酸化により、肌のしみやシワなどを防ぎ、肌の老化を抑えてくれるのも嬉しいですね。

 

◎コレステロール値低下
動物実験により、ナスニンにはコレステロール値を下げる働きがあることがわかっており、生活習慣病や高脂血症の予防も期待できます。

 

◎血液浄化
ナスニンは、血流を促進し、血液をサラサラにする作用があります。きれいな血液はなによりも健康な体には大切なことです。血行が良いと、体の隅まで栄養素が送り届けられます。

 

◎目の疲労回復
ナスニンはポリフェノールの一種ですので、疲れ目や視力回復に聞くと言われています。

 

◎ガン予防
ナスニンはがん細胞が働く要因の活性炭素を抑制することができるため、がん予防に効果があると言われています。

 

ナスニンの効果的な摂り方

ナスニンを効果的に摂取するには、まず色が濃く艶のあるなすを選ぶことです。もちろん旬の時期である方が、栄養素はたくさん詰まっていますので、夏のなすを逃すわけにはいきません。

皮をつけたまま食べることが大事ですが、ナスニンは水に溶けやすいので、お味噌汁などそのまま汁を飲むような料理がおすすめです。

051208

まとめ

051209
なすの旬は7月から9月。夏野菜として親しまれている身近な野菜ですが、その皮に含まれるナスニンには、抗酸化作用から、老化防止、がん予防までいろいろな効能があります。
ナスニンを効果的に摂るには、色の濃いなすを選び、皮ごと調理しましょう。水に溶けやすい性質をもつので、溶け出た汁を飲める調理法をおすすめします。

 - 暮らしのヒント