お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

大曲花火大会 2016日程の日程と見どころ

   

大曲花火大会、2016年の日程決定



全国花火競技大会とも呼ばれる伝統ある大曲(おおまわり)の花火大会は、毎年8月の最終土曜日と決まっていますので、2016年は8月27日土曜日の開催です。

この大曲の花火大会は、1910年明治43年に花火競技大会として始まりました。
2016年は、ちょうど第90回目ということになります。

050701
出典:http://i1.wp.com
 

SPONSORED LINK


大曲花火大会の概要と見どころ

第90回目の大曲花火大会が、秋田県大仙市にて今年も8月27日に行われます。
この花火大会は、全国花火競技大会とも言われ、全国の花火師たちがコンクールとして日ごろの業を競い合う大会になっています。
花火師は、自らが製造し、この大会へ持ち込みそして打ち上げるという参加条件をクリアしつつ、“昼花火”、“10号玉”、“創造花火”の部門で勝負します。
勝負のポイントは、デザイン、色彩、創造性で、内閣総理大臣賞を目指すという日本でも有数の権威ある大会です。ちなみに、内閣総理大臣賞が授与される花火大会は、この大曲花火大会と土浦全国花火競技大会の2つだけなんですよ。

音楽に合わせたスターマインは、大会提供花火として一番のみどころです。

050702
出典:http://rubeusu-trend.com
 

大曲花火大会へのアクセス方法

大曲の花火大会が開催される秋田県大仙市は、古くから交通の要衝として栄えてきた街です。
ですので、秋田新幹線や秋田自動車道などを利用すればとてもアクセスは、便利な立地にあります。
しかし、それは平常時のこと。

この大曲花火大会では、人口4万人とも言われるこの地区に全国から80万人もの人が集まります。

広い範囲で交通規制がかけられます。会場周辺のみならず、大曲の市街地を始め秋田県内の各地も影響があるようです。

以下のサイトなどを参考にされると、比較的スムーズにアクセスができるようです。

http://www.oh-hanabi.com/osusume.html

 
050703出典:http://img.travel.rakuten.co.jp
 

個人の桟敷席の予約・販売について

大曲花火大会の個人用桟敷席が、
A席 (定員6名) 23,000円
C席 (定員5名) 15,000円
イス席(定員1名)  3,000円 

として、販売されます。

購入方法は、電話、インターネット、直接とあります。

詳細は、以下のURLからご覧ください。

http://www.oomagari-hanabi.com/ticket_02.html

大曲の花火大会は、ここ数年ものすごい盛り上がりを見せており、一目見ようという方も増えている様子です。
ですから、穴場もなかなかありません。
しっかりと情報を収集し、確かな計画で望まれることをお勧めします。

日本の花火技を目いっぱい楽しんでください!!

 - イベント, 日本の祭り