お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

2016年の母の日はいつ?お母さんが喜ぶ人気のプレゼントは?

   

2016年の母の日はいつ?

1602130102
「母の日って、ゴールデンウィークの翌週くらいだったと思うけど、何日だっけ?」なんて、ふと思われる方も多いのでは?それもそのはず、他の祝日と違い、母の日と父の日は毎年日にちが変わるのです。

SPONSORED LINK



母の日はアメリカに始まった習慣です。1905年、敬愛していた母を亡くしたウエストバージニア州の女性アンナ・ジャービスは、2年後の1907年、母を敬う気持ちを残したい…と追悼式を催し、母が大好きだった白いカーネーションを捧げました。そして、母が生きているうちに感謝の意を表す日を設けようと働きかけます。

アンナの想いに賛同した人々の輪は広がり、ついに1914年のアメリカ議会で、5月の第2日曜日が「Mother’sday」と制定されました。アンナの母の没日が第2日曜日だったことから、このように定められたと言われています。

このアメリカの習慣は日本に伝わり、明治時代末期以降、国内でも母の日は徐々に広がりを見せていきました。昭和に入ると皇后の誕生日の3月6日を母の日とした時期もあったそうですが、昭和24年頃からは、アメリカの由来と同じく5月の第2日曜日に落ち着きました。

 

2016年の母の日は5月8日(日曜日) 実はGW最終日!

毎年変わる母の日の日にち。2016年の母の日は5月8日です。
ちなみに、2016年の5月は日曜日で始まりますので、第2日曜日が8日というのは一番早い母の日です。
ゴールデンウィークの最終日にあたりますので、連休の締めくくりに母の日のイベントが盛り上がりそうですね。

1602130101

母の日に人気のプレゼントは?お花とスイーツのセットが人気!

4月に入ると、早くも「母の日」という言葉をあちらこちらで見かけるようになります。今年の母の日には何をしようか…と、お母さんが喜ぶ顔を想い描きながらも、実は頭を悩ませている人も多いのではないのでしょうか。

青山ハッピー研究所が、20歳以上の男女にアンケート調査を行ったところ、全体の半数以上が、母の日に何かプレゼントを贈ると回答しています。
贈りたいものの1位は、やはり母の日の象徴カーネーション。次に、お菓子やケーキなどのスイーツ、カーネーション以外のお花、食品と続きますが、お花だけ、又はスイーツだけ..ではなく、近頃はスイーツとお花をセットにして贈るスタイルが人気のようです。

1602130103
ネット通販のお取り寄せスイーツは、甘いもの好きなお母さんが普段お店で見かけないものばかり。希少価値のあるものを探せば、私のために前もって注文してくれた!…ときっとお母さんは喜んでくれるでしょう。近頃のネット通販は、なかなか買えないご当地ものや、通常店頭販売をしていないネット限定の商品など、目移りする程多種多様に揃っています。

また、母の日を一緒に過ごせない方には、直送してもらえるのも嬉しいですね。母の日をターゲットにした特集も多数あり、専用の素敵なラッピングをしてもらえるサービスも。開ける前から感動してもらえそうです。

大人数でお母さんを囲んでティータイムができるのならば、ホールの大きいケーキなどを選び、みんなで切り分けると楽しさが増します。でも逆にそのようなシーンがない場合には、お母さんが召し上がりやすいようなものを選ぶ気遣いが必要です。

例えば、個包装されていていろいろな味を少しずつ楽しめるもの、生活習慣病などを気にかけているお母さんにはカロリー控えめや特にカラダに良いものなど、お母さんの生活を思い浮かべて選ぶと、その美味しさと共に優しさが伝わることでしょう。

そして、カーネーションの生花は圧倒的な人気ですが、最近はプリザーブドフラワーを贈る人も増えています。プリザーブドフワラーは、生花から水分を抜いた加工品ですが、生花と遜色ない艶やかな美しさを保ち、さらに水を与えずにそのまま置いて飾っておけます。花粉アレルギーの心配もありません。配送する場合には、特におすすめです。
1602130104

お母さんが嬉しいのは、外食や温泉で一緒に過ごす母の日

同じく青山ハッピー研究所の調査によると、母の日の主役であるお母さんがもらって嬉しいプレゼントの1位は、お花でもスイーツでもなく、一緒に外食という結果が出ています。
2位にスイーツ類、3位にはお花をはさみ、4位には温泉などの旅行がランクイン。

ものをもらうのも嬉しいけど、家族で顔を合わせて一緒に食事をしたり旅行に行ったりするのが、お母さんにとっては一番嬉しいプレゼントなのですね。1位の外食に対して、旅行が4位というのは、忙しい子供世代が時間を合わせることの難しさを知る故、そして費用面からも、お母さんから子供達への優しい遠慮なのかもしれません。

母の日の贈り物は、流行でも相場でもなく、子供達からお母さんへの感謝を表すもの。今年の母の日には、お母さんが一番喜びそうなものをセレクトし、離れていても、一緒に過ごしていても、オンリーワンの母の日になったらいいですね。

 - イベント, 母の日