お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

日帰りの皆生温泉、米子がいな祭り2016と一緒に行きたい観光スポット!まとめました。

   

温泉に米子城跡、おすすめ近隣スポットを満喫してみましょう

2016年の米子がいな祭りは、8月6日(土)、7日(日)の2日間で開催されます。
お祭りと皆生温泉やその他のスポットを一緒に楽しんじゃいましょう!
温泉街に宿泊してゆっくり過ごしてもいいですが、
日帰りでもいろいろ楽しめるところがありますので、ご紹介しましょう。

米子がいな祭りについてはこちら

 

皆生温泉は景色も抜群です!

皆生温泉
[出典元:http://www.kaike-onsen.com/hot.html#00]

皆生(かいけ)温泉は、島根県との県境に位置する米子市の温泉郷です。
日本海に面した海辺の温泉郷だけあり景観は抜群で、
目の前の砂浜は夏は海水浴場として多くの人が訪れるリゾート地となっています。

温泉としては比較的歴史は浅く、
1900年に漁師が海中に湧き出ている温泉を発見したことが始まりです。
近代的なホテルや数寄屋造りの風情ある旅館が立ち並び、
温泉街としては山陰で最大規模を誇ります。

また、日帰り入浴施設や、温水プール、無料の足湯、
ゲートボール場からテニスコートまで、
日帰りでも充分楽しめる皆生温泉です。
海水浴場は、環境省の「日本の海水浴場88選」に選ばれています。

[皆生温泉基本情報]
アクセス:米子駅からバスで約20分
効能:リューマチ、神経痛、健康増進、美容、婦人病、皮膚病
宿泊施設数:30
宿泊施設総定員:約4,500人

皆生温泉旅館組合公式サイト

 

大山トム・ソーヤ牧場でお子様連れも楽しめます!

大山トム・ソーヤ牧場
[出典元:http://tom.sanin.jp/ja/animal/s148/]

米子駅から車で約20分、米子インターチェンジからは5分のところにある
大山トム・ソーヤ牧場」は、ポニーやひつじの他、珍しい動物たちとふれあい、
遊ぶことが出来る動物好きにはたまらない牧場です。

「わんわんランド」「メーメーランド」「小動物ふれあい広場」などでは、
まさに動物と一緒になって遊べますので
普段ふれあう機会がない子供たちは大喜びです。
また、ポニーの乗馬体験、ぶたのレース、ヤギの搾乳体験など、
体験型のお楽しみやイベントも充実しています。

[大山トム・ソーヤ牧場基本情報]
開園時間:9時から17時
入園料:3歳以上小学生まで700円 中学生以上800円
駐車場:無料
※ペットを連れての入場はできませんので、ご注意ください。

大山トム・ソーヤ牧場公式HP

 

『米子城跡』頂上からの景色は絶景です

米子城跡
[引用元:http://www.city.yonago.lg.jp/4439.htm]

米子城跡は、米子駅から車で5分、または徒歩20分のところにあります。
アクセスがよいので、米子に行ったら是非訪れたいスポットです。

1591年、戦国武将である吉川広家が四重櫓を建設、
1601年には中村一忠が五重の天守閣を築き、山陰一の名城となった米子城。
しかし、1632年に中村家の断絶を機に、
やがて解体され風呂屋の薪にされたとも伝えられています。

現在では石垣をとどめるだけですが、平成18年には国史跡として指定されました。
また、内堀から内部は「湊山公園」となり、
城山一帯には貴重な自然が保護されています。

いろいろな動植物に出会える城山は、ウォーキングコースとしても人気があります。
約15分の頂上から望む大山や日本海、島根半島は絶景ですので、
是非足を運んでください。

米子市公式HP内 「国史跡 米子城跡」

 

 - 地域のお祭り