お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

年賀状の交換期限っていつまで?料金はかかる?未使用、書き損じの場合まとめ

   

年賀状の交換期限はいつまで

年賀状は多めに準備してしまい、余ってしまう。。

%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%91 年賀状はついつい多めに準備してしまい、余ってしまうことがありますよね。そんな場合には、郵便局で交換してもらえますので、捨てないで保管しておきましょう。

スポンサードリンク



 

年賀状の交換手数料は1枚5円

手数料は持参する年賀状1枚につき5円です。

交換とは…投函していない年賀状であれば、新しい年賀状や、そのほか通常切手、通常はがき、往復はがき、郵便書簡、レターパックと交換してもらえます。

年賀ハガキでなくても、通常のハガキでも共通ですが、交換の期限はありません。

ただし“新品の年賀ハガキ”に交換したい場合は、その年の年賀ハガキの販売期間(例:2017年元旦用であれば2016 年 11 月 1 日(火)から 2017 年 1 月 6 日(金)まで)に限ります。

また、通常ハガキを年賀ハガキに交換することはできません。
つまり、その年の年賀ハガキに交換できるのは、販売期内にその年の年賀ハガキ(書き損じ)を持参した場合のみです。尚、この場合も手数料1枚につき5円はかかります。

年賀状未使用の場合の交換は?

郵便局で手数料を払えば期限は無し

手をつけていない未使用の年賀ハガキであっても、一度販売していれば手数料を払って交換することになります。期限はありません。

 

年賀状書き損じの場合の交換は?

書き損じ=未使用年賀状と同等扱いです

印刷をしてから残ってしまったり、名前の書き間違い、印刷のズレなどは、すべて書き損じ扱いですが、これも上記未使用のハガキと同じ扱いになります。

ただ、上に書きましたように、その年の年賀ハガキの販売期限内であれば、手数料は必要ですが新しい年賀ハガキへの交換も可能です。書き損じた為に足りなくなって新たに購入しようとしているのであれば、5円払って交換した方が良いかもしれませんね。

ちなみに、近親者の不幸により、用意していた年賀状(未使用、印刷済みどちらでも)がしようできなくなってしまった場合には、別の種類の年賀はがきや、通常ハガキなどに無料で交換してもらえます。ただし、無料なのは、年賀ハガキ販売期間内に限ります。また、亡くなった方のお名前を書くなど、簡単な書類提出が必要になります。

%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%92

年賀状の交換できない場合ってあるの?

年賀状の切手部部が汚れている場合は交換不可

ハガキの表面の、切手のような印刷がされている料金を示す部分が汚れてしまっているものは、交換できません。

%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%93

年賀状の交換期限についてまとめ

・未使用、書き損じの年賀ハガキは、期限なく新しいハガキや切手などに交換可能です。
・その年の年賀ハガキに交換したい場合には、年賀ハガキの販売期限内のみとなります。年をまたがっての交換はできません。
・未使用、書き損じ、すべての場合に、手数料(持ち込みハガキ1枚につき5円)がかかります。

◎郵便局の公式ホームページ→http://www.post.japanpost.jp/service/standard/kaki_sonji/

 

 

 - 年賀状