お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

囃子若連のやたい(山車)山形のおすすめ!新庄まつり2016も大盛況間違いなし!!

   

格調高い新庄囃子は4流派あります!

新庄囃子[引用元:http://shinjo-matsuri.jp/db/yatai/analyze]

新庄まつりは、山形県新庄市で行われる盛大な夏祭りです。
各町衆ごとに作られた、豪華絢爛な山車(やたい)のパレードが
3日間に渡って繰り広げられます。
歌舞伎やお伽噺を題材にした山車は、細部まで趣向が凝らされ、
その技が競われることで見物となっています。

◎関連記事→山形新庄祭り2016の日程決定!囃子若連、やたい(山車)のイベントのおすすめを一挙紹介

町衆が山車を作っている頃、村々には若衆が集まって囃子の練習をしています。
その音色を聞くと、新庄の人々はまつりの到来を感じ心待ちにします。

新庄囃子は、楽譜が存在せず口伝えで継承されてきました。
そのため、囃子若連ごとに少しずつ異なっています。
新庄囃子には4系統あり、
「関屋・山屋流」「小泉流」「飛田流」「福宮・升形流」に分類されます。
この系統と分類について、根拠はあきらかではないようです。

囃子方は、太鼓4人、笛吹き約15人、鉦が約15人、三味線が2〜4人という
30人〜40人で構成されています。

曲目は4曲あり、17地区の共通の持ち歌とされる「羯鼓」と「宿渡」、
山車が出発する前に集合の合図として演奏される「寄せ笛」、
囃子萩野若連のみに伝わる持ち歌「二上がり」です。
各若連の名演奏を聞きながら、是非音色の違いも感じてください。

 

人気の新庄囃子若連はこれです!

人気の新庄囃子若連[出典元:http://shinjo-matsuri.jp/db/mikoshi]

ひとつ選ぶのは難しいのですが、落合町若連の「萩野囃子若連」ではないでしょうか?
4曲ある囃子の中で、「二上がり」という曲だけは、
この荻野囃子若連のみが演奏する持ち歌として伝えられています。

この「二上がり」は、人通りの少ないところを山車が通る時に演奏されます。
曲調はゆっくりとしており、抑揚を抑え、どこか哀愁を感じさせる曲です。
荻野囃子若連だけが演奏する理由は、300年以上前から荻野地区に伝わる鹿子踊と、
新庄の囃子の流れを組むことによるそうです。今で言う、“コラボ”でしょうか…。

また、他の若連は「囃子○○若連」という名称ですが、
荻野若連だけは「荻野囃子若連」と言い、
固有名詞が前に来ているのも、ちょっと気になります。
荻野囃子若連の法被は、こんな感じです。
鮮やかなブルーが素敵ですね!

法被[引用元:http://shinjo-matsuri.jp/db/hayashi/hayashi_point]

■動画での中継もたくさんありますよ

◎2012年

◎2013年本まつり

◎2015年宵まつり

◎2015年萩野囃子若連二上り

◎2016年序章


お出かけの際は、公式HPで詳細をご確認ください。
新庄まつり公式HP

 - 地域のお祭り