お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

エアバギーを新生児から使おう!利用シーン、メリット、使える時期など。おススメ商品は?

   

エアバギーのメリット

バギー
赤ちゃんを連れての外出は、できるだけ快適にしたいもの。
しかもちょっとお洒落に…そんな希望をもつママに大人気なエアバギー

エアバギーは、大きめの3つのタイヤで動くベビーカーです。
ベビーカーはどんどん進化していますが、
いつの時代も求められるのは安全性と機能性。
見た目にあまり差がなくても、価格は非常に幅広く、
迷ってしまうことと思います。

しかも、ベビーカーを購入するのは、
ほとんどが初めてママになった(なる)人ばかりですよね。
ここでは、最近人気のエアバギーについて、そのメリットをご紹介しましょう。
これを読んで是非考にしてください。
そして街なかでエアバギーを見つけて観察してみましょう。

【メリット】



・走行性の良さ  

4輪のベビーカーと比較し、驚く程軽く動きます。
大きめの子が乗っても、片手でスイスイ、Uターンもくるっと出来ます。

・デコボコ道にも強い 

エアタイヤにより地面からの衝撃を吸収するので、
多少のデコボコ道でも安定して走行します。
赤ちゃんへの衝撃も柔らかです。

・生後1ヶ月から可能   

エアバギーにオランダのカーシートブランド
「マキシコシ」のベビーシートを取り付けると、
これにより通常生後3ヶ月からの対象とされているエアバギーが、
生後1日目から使用できるようになります。

・見た目がおしゃれ   

有名人が使用しているシーンをよく見かけますが、
なんと言っても見た目がおしゃれで、カラーバリエーションも豊富です。

 

エアバギーの利用シーン

バギー1 人気のエアバギーですが、最大の難点は“重い”ことです。
ですので、バスを始めとする乗り物に頻繁に乗る方には向いていません。
一瞬の段差くらいなら持ち上げられますが、
乗り降りの際に毎回持ち上げるのはかなりきついです。

ですので、近くに買い物やお散歩、または車で大型商業施設や遊園地など、
目的地まで移動し、そこでエアバギーを広げて移動する場合に適しています。

また、そのどっしりとしてながらスタイリッシュなフォルムは、
男性にもよく似合います。パパが押す機会が多いご家庭には、おすすめですよ。

 

エアバギーの使える時期

バギー2 エアバギーを使える時期は、首が座った3ヶ月頃から、3歳頃までです。
首が座らない新生児は原則として使えません。

タオルをかましたりすれば、首が座っていなくても大丈夫…
と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、
規定として書かれている以外の使用は危険ですし、
赤ちゃんに思わぬ悪影響を及ぼしますので、絶対にやめましょう。
素人では「首が座っていない赤ちゃんには、
このくらい固定してあげれば大丈夫」などという判断はできません。

しかし、エアバギーフレームの上に「マキシコシ」というシートのをドッキングすれば、
新生児から使うことができます。
マキシコシは車のチャイルドシートとしても使え、
車で寝た赤ちゃんを起こさずにそーっとエアバギーにセットしたり、
そのまま家に連れて行ったりすることが出来ます。

マキシコシ(楽天)

4輪の従来のベビーカーと、3輪のエアバギー、迷いますよね。
使用している人の体験談を聞いたり、試乗させてもらったりして、
ご自身のライフスタイルに適した1台を選んでください。
きっと、ママも赤ちゃんも快適で、お出かけがとっても楽しくなりますよ♪

 - 暮らしのヒント